シュニッツェルとワインのマリアージュ

シュニッツェルとは

シュニッツェルとは、薄く延ばして塩コショウした肉に小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げ焼きにした料理です。ドイツから東欧にかけて、どこでも食べられている料理ですが、元々はイタリアのコトレッタ アッラ ミラネーゼ(ミラノ風カツレツ)が19世紀にオーストリアに伝わり、そこからドイツと東欧に広がりました。

ミラノでは仔牛肉を使い、オーストリアでも有名なウィンナー・シュニッツェルには仔牛を使いますが、より普及しているのはコスパのいい豚肉を使ったシュニッツェルで、七面鳥や鶏のシュニッツェルもあります。ドイツでは豚肉のシュニッツェルが一般的です。本来の調理法は揚げ焼きですが、大衆的なテイクアウト店では日本のとんかつ同様に大量の油で揚げるのが普通です。

シュニッツェルは肉の種類やソース、味付けに応じてワインのペアリングが変わりますので、特徴に合わせてワインを選んでみましょう。

ウィンナー・シュニッツェルと白ワインのマリアージュ

ウィンナー・シュニッツェルはミラノ風カツレツと同様に仔牛肉。衣の油感を酸で押さえるためにレモンを絞っていただくことが多いのですが、衣のサクサク感を残すために、レモンをかけずに、酸のキレる白ワインでペアリングさせるのもおすすめです。

本場オーストリアでは、地元品種グリューナーフェルトリーナーとの組合せが鉄板。柑橘の香りに加えて、酸とミネラルのバランスの良さが、食事に合わせやすく人気のワインです。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

グリューナー フェルトリーナー ヴァイトガッセ クレムスタール 白

ドナウ川に沿ったローマ時代からの銘醸地クレムスの辛口白ワイン。天ぷらや山菜などの和食と好相性です。

豚肉のシュニッツェルと白ワインのマリアージュ

豚肉料理は白ワインでペアリングするのが基本です。ソースをかけないサクサクとした衣にはリースリングの酸味がよく合います。

ドイツ

フランケンのオーガニックワイン

LW リースリング 白

多彩なフルーツ香と、爽やかなハーブ香が心地よく、清涼感を楽しめます。口に含むとフレッシュな味わいの中にもリースリングの洗練された酸味が柔らかく広がる果実味を支え引き締めてくれます。

豚肉のシュニッツェルとクラフトビールのマリアージュ

ドイツはビール文化圏、シュニッツェルとビールはとてもポピュラーです。焼きたてで熱々のシュニッツェルはアンバービールとの相性がバッチリ。あまり冷やさず、ワインセラー温度(12~18℃)で合わせてみてください。

フランス

アルザスのオーガニッククラフトビール

ブレッシング アンバービール 330ml 

フランス アルザス地方のブレッシング家が造る日本初上陸のオーガニッククラフトビール!味わいは濃厚で生き生きとして丸みがあり、カラメリゼしたフルーツの繊細な味わいが印象的。

イエーガーシュニッツェルと赤ワインのマリアージュ

キノコ類と玉ねぎを炒めてブイヨンで仕上げたトロっとしたイエーガーソースをシュニッツェルに添えた、イエーガーシュニッツェル。きのこやブイヨンの味が加わることで軽めの赤ワインとペアリングできます。オーストリア特産の赤ワイン、ポルトゥギーザと合わせてみました。フルーティでタンニンも控え目、優しい味わいが続くワインです。

ドイツ

フランケンのオーガニックワイン

ポルトゥギーザー 赤

口に含むと可愛らしい果実味がいっぱいに広がり、同時に上品できれいな酸味がそれを支えるように続く。渋味は溶け込み、ごくかすかに舌を撫でるような柔らかさ。

いかがでしたか。サクサクの衣とやわらかな肉がクセのない美味しさで、ワインが進むお料理です。ぜひお試しください。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. カレ・ダニョー・ペルシエ

    カレ・ダニョー・ペルシエ(仔羊の香草パン粉焼き)とワインのマリアージュ

  2. 西京焼き

    西京焼きとワインのマリアージュ

  3. チョリソー

    チョリソーとワインのマリアージュ

  4. ピザ

    ピザ(トマトソース以外)とワインのマリアージュ

  5. タパス

    タパス&ピンチョスとワインのマリアージュ

  6. エビチリ

    エビチリとワインのマリアージュ