生ハムメロンとワインのマリアージュ

生ハムメロンとは

イタリアではプロシュート、スペインではハモン、フランス語ではジャンボンと呼ばれる生ハムに地元のメロンをのせた伝統料理、生ハムメロン。皮を剥かずくし形に切ったメロンに一口大サイズで食べられるように切れ目を入れて、その上に買ってきた生ハムを載せるだけなので、とても簡単に前菜の一皿になります。
生ハムは一年中手に入る保存食ですが、メロンは初夏から盛夏にかけて露地物がどっと出るので、本来はこの季節の料理でしたが、今はメロンがいつでもあるので、季節を問わず食べられています。イタリア、スペイン、フランスは言わずと知れたワイン大国。伝統食の生ハムメロンはもちろんワインとの相性はバッチリです。

冷蔵庫がない時代から保存食として作られて来た生ハム。製法は、豚の足を大量の塩に埋めて数日間置いて水気が抜けてから、洞穴や地下室で逆さに吊るして1年以上ゆっくりと待つだけです。地下室の温度はワインセラーと同じ。乾燥肉にはカビが付いて発酵し、アミノ酸が作られてうま味が高まります。原理は鰹節と同じです。長く吊るすだけ肉は乾燥して堅くなります。そこでよく切れるナイフで薄く削いで供します。
生ハムは塩辛いので、パンを添えるのがポピュラーな食べ方。バゲットに挟んで生ハムサンドイッチとすることもよくあります。
パン無しで前菜にするには果物の甘みが欲しくなります。夏に乾燥する地中海地方ではどこでもメロンが栽培されていますから、ここに生ハムを載せて食べるというのは、誰もが思い付く庶民の味。メロンの甘みが少々低くても、生ハムの塩味とうま味が入るので、必ず美味しくなります。だから高級メロンでなくとも、スーパーの特売メロンでもOKです。同じく地中海でポピュラーなイチジクに載せても美味。日本の果物なら干し柿と生ハムは絶品です。

スパークリングワインと生ハムメロンのマリアージュ

オードブルとしていただくなら、最初の一杯におすすめです。イタリアのスプマンテ、スペインのカヴァはいかがでしょうか。

スタッフおすすめ
白ワイン

ヴェネトのオーガニックワイン

スプマンテ ヴェネツィア 発泡

メロンのような果実味が広がり、その後すぐにきめ細かい泡が口中を満たす。ほんのりとした苦味が大変バランスよく後味を引き締める。キリリと冷やして飲みたい、コストパフォーマンスが良い人気の泡。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

白ワインと生ハムメロンのマリアージュ

生ハムとメロンの爽やかな組み合わせには、フレッシュフルーティな白ワインが合います。レモンをかけるように、柑橘系の白ワインを合わせてください。特に、メロンのほのかな甘さとフレッシュ感には、ミュスカが驚くほどに寄り添ってくれます。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

ミュスカ

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザスピノグリ 白

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

スタッフおすすめ
白ワイン

バレンシアのオーガニックワイン

ブレス

ソーヴィニヨンブランを80%使用し、マカベオを20%加えることで、フレッシュフルーティで飲みやすく、バランスの良い味わいに。

赤ワインと生ハムメロンのマリアージュ

生ハムの肉感に合わせれば、赤ワインもぴったり。スペインでは軽めのテンプラニーリョ、イタリアでは赤の微発泡をよく合わせます。コショウを効かせたら少しスパイシーなワインもいいでしょう。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ピエモンテのオーガニックワイン

マンドルロ 赤 微発泡

可愛らしい果実味を包むように広がる優しい泡とのバランスが素晴らしく、軽快で心地良い味わい。 柔らかな渋味とともに、余韻にまですみれの華やかな香りが印象的。

スタッフおすすめ
赤ワイン

バレンシアのオーガニックワイン

ブレス

バレンシアの地場品種であるボバルを80%使用し、テンプラニーリョとカベルネソーヴィニヨンをそれぞれ10%ずつ加えることで飲みやすくバランスの良い味わいに仕上げたデイリーワイン。

いかがでしたか。コツを押さえて、美味しい生ハムメロンを作ってみてください。メロン以外の果物でも、甘さが控えめであれば、同じ要領で美味しいマリアージュが楽しめます。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報