エビフライとワインのマリアージュ

エビフライと言えば、レストランでもご家庭でも洋食メニューの代表格。プリっと揚がったエビフライは、多くの日本人の大好物ですね。大きめのエビや有頭エビを選べば、ちょっぴり豪華な一品です。

エビフライとワインの基本ペアリング

エビなどの魚介系の揚げ物には、フレッシュでフルーティなスパークリングワインがぴったりです。ワインが油分をほどよく洗い流し、エビの旨みを存分に堪能できます。

スタッフおすすめ
白ワイン

ボルドーのオーガニックワイン

クレマン ド ボルドー

非常にフルーティで飲みやすく、優しい果実味が際立つスパークリング。金色の泡が優しく弾ける、ぜひ女性におすすめしたい1本です。

添える調味料によって、ほかのワインを選んでみましょう。

塩で食べるエビフライのマリアージュ

塩で食べるエビフライは、レモンをかけるようにミネラリーな柑橘系の白ワインがよく合います。特にブルゴーニュワインのような綺麗な酸がぴったりです。衣の香ばしさもあるので、ほのかな樽香とも合います。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ブルゴーニュ】のオーガニックワイン

ブルゴーニュ アリゴテ

ミネラル感を伴ったすっきりとした酸味が特徴で、その酸味を支えるように果実味が続く。余韻にまで酸味が後をひく爽やかな仕上がり。必ずや和食を引き立てて美味しくしてくれる1本です。

タルタルソースで食べるエビフライのマリアージュ

揚げ物にはタルタルソース(マヨネーズをベースに、ピクルスやゆで卵を混ぜ合わせたソース)がよく合います。タルタルソースによって、エビフライのコクがさらに増すので、しっかり厚みのある白ワインがおすすめですが、程よい酸味もあるとさらに美味しく食べ続けられるでしょう。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ブルゴーニュ】のオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル)

白桃や熟した洋梨にアカシアやスイカズラなど沢山の花の香りが華やか。さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味をしっかりと支えるように続く繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

ウスターソースで食べるエビフライのマリアージュ

ウスターソースは赤ワインの要素と似ているのですが、エビの風味を壊してしまうので、ロゼがおすすめです。ソースのかけすぎも食材やワインの風味を壊してしまうので、気を付けましょう。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

生き生きとした酸味と果実味が広がり、それに伴うミネラル感が印象的。酸味は余韻にまで鮮やかに続き、少しの苦味が後味を優しく引き締める。抜群のバランスの良さでグラスが進む様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

つける調味料を変えて、色々なマリアージュを楽しんでください。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報