ピザ(トマトソース系)とワインのマリアージュ

ピザ

イタリアのナポリが発祥と言われるピザ。ピッツァと書くとよりイタリア語に近くなりますが、アメリカに渡って世界中に広がり、日本でもすっかりお馴染みの料理。窯で焼く本格的な味わいはもちろん、市販の生地を使ったり、ご家庭にある材料で思いのままに作れることも魅力です。
そしてピザと言えばまずトマトソース! トマトソースも、もともとイタリアの家庭で作られるシンプルな味わいですが、野菜、魚、肉等と幅広く具材と合うので、ピザもバリエーション豊富に楽しめます。

ではトマトソース系のピザにはどんなワインが合うでしょう。 (トマトソース系以外のピザは別記事でご紹介しています。)

ピザ(トマトソース系)とワインの基本ペアリング

マリアージュのルールに「トーンを合わせる」という考えがあり、親しみやすいカジュアルな料理にはカジュアルなワインが合います。また、トマトソースを使ったお料理には、トマトの持つ酸味と甘みを引き立ててくれるような、軽やかでまろやかなワインが合うでしょう。

ピッツァ マルゲリータとワインのマリアージュ

トマトソースの王道ピザといえば「ピッツア マルゲリータ」。モッツァレラチーズとバジルだけのシンプルな具材なので、スパークリングワインや優しい味わいの白ワインが合います。素材の味わいを邪魔せず、ソースやバジルの爽やかさを引き立ててくれるでしょう。

イタリア

ヴェネトのオーガニックワイン

スプマンテ ヴェネツィア 発泡

メロンのような果実味が広がり、その後すぐにきめ細かい泡が口中を満たす。ほんのりとした苦味が大変バランスよく後味を引き締める。キリリと冷やして飲みたい、コストパフォーマンスが良い人気の泡。

ピッツア マリナーラとワインのマリアージュ

もうひとつの王道は「ピッツア マリナーラ」。材料は、トマトソース、ニンニク、オレガノのみ。バジル等のハーブが入ることもありますが、チーズは入らずシンプルなので、生地とソースの美味しさをダイレクトに楽しめる雑味のない軽めの赤ワインがぴったりです。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ 赤

口当たり穏やかで、可愛らしい果実味に寄り添うように広がる酸味。優しい飲み口が魅力の昔ながらの味わいのキャンティ。

シーフード系ピザとワインのマリアージュ

エビやカニが入った魚介系のピザにはミネラル感ある白ワインやロゼワインがおすすめです。特にトマトソースの絡んだ魚介の旨味は、白ワインの軽快さと赤ワインのコクの両方の要素を持つロゼワインがぴったりです。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア 白

フレッシュでみずみずしいシチリアの白ワイン。十分な果実味があり、酸味とのバランスが良いので飲み疲れない味わいです。

フランス

プロヴァンスのオーガニックワイン

ヴァール ロゼ

南仏の定番ロゼワイン。プロヴァンスの海辺のテラス席が似合うフレッシュな辛口のオーガニックワインです。

ミート系ピザとワインのマリアージュ

ソーセージ、サラミ、生ハム等には脂分や塩味がしっかりあるので、程よい果実味やタンニンを持つ、軽すぎず重すぎないミディアムタイプの赤ワインが合います。少し辛味が効いている場合は、微発泡の赤ワインもぴったりです。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

ネロ ダヴォラ 赤

ネロ ダヴォラはシチリアを代表するブドウ品種。気品があり、飲みやすく、フルーティーでしっかりとした味わいと酸味があるのが特徴です。

イタリア

ヴェネトのオーガニックワイン

メルロー ヴェネツィア 赤

常に新しい挑戦を続けるムザラーニョ家が造ったカジュアルな赤ワイン。口当たりは穏やかで、優しい果実味とともに広がる酸味が印象的。渋みも優しいので、和洋中問わずさまざまなお料理とお試しください。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

マンドルロ 赤 微発泡

可愛らしい果実味を包むように広がる優しい泡とのバランスが素晴らしく、軽快で心地良い味わい。 柔らかな渋味とともに、余韻にまですみれの華やかな香りが印象的。

気軽に楽しめるピザ。イタリアワインには手頃な価格帯も多いので、ぜひいろいろなイタリアワインをセレクトしてみてください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報