パスタ(トマト系)とワインのマリアージュ

イタリア料理を代表するパスタ。スパゲティーやマカロニやペンネなど、今や日本人の食卓にも欠かせない存在です。古くからイタリアでは食事にワインはつきもので、共に広まってきた歴史があり、当然パスタとワインの相性も抜群。

パスタの味を決める大きな要素はソースなので、合わせるワインはソースのタイプによって考えましょう。

パスタ(トマト系)の基本ワインペアリング

トマト系パスタはトマトを具材と一緒に炒めてパスタに絡めます。完熟した真っ赤なトマトにはグルタミン酸がたくさん入っているため、うま味が強く具材の味をまとめてくれます。そのため白ワインやロゼワインだけでなく、より味の濃い赤ワインとのペアリングも美味しく楽しめます。

パスタ(トマト系)の具材別おすすめペアリング

トマトソース(ポモドーロ)とワインのマリアージュ

シンプルなトマトソース(ポモドーロ)には、辛口ロゼワインや明るい色をした赤ワインが合います。中でもイタリアのサンジョヴェーゼとの相性の良さは折り紙つきです。ワインの持つ酸味がトマトの旨みや甘味を最も引き出してくれます。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

プロヴァンスのオーガニックワイン

ヴァール ロゼ

南仏プロヴァンスで、有史以来一度も農薬をまいたことのない畑で造られたすっきり辛口のロゼワイン。摘みたての苺やハーブの香りが爽やかで、ほんのり感じる甘みといきいきとした酸味のバランスがとれたフレッシュなワインです。ほどよいボリューム感で幅広いお料理に合わせられますが、特に夏野菜のグリルや鶏肉を使ったお料理におすすめです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ

口当たり穏やかで、可愛らしい果実味に寄り添うように広がる酸味。優しい飲み口が魅力の昔ながらの味わいのキャンティ。

アラビアータとワインのマリアージュ

ピリッと唐辛子が効いたトマトソースベースのアラビアータには、スパークリングワインを合わせると、泡の刺激が辛味をまろやかに感じさせてくれます。トマト味に合わせてロゼスパークリングや赤の微発泡がおすすめです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ピエモンテのオーガニックワイン

マンドルロ 赤 微発泡

可愛らしい果実味を包むように広がる優しい泡とのバランスが素晴らしく、軽快で心地良い味わい。 柔らかな渋味とともに、余韻にまですみれの華やかな香りが印象的。

ペスカトーレロッソやボンゴレロッソとワインのマリアージュ

魚介たっぷりのペスカトーレロッソやアサリの出汁が美味しいボンゴレロッソには、ミネラル感のあるロゼワインが合います。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

生き生きとした酸味と果実味が広がり、それに伴うミネラル感が印象的。酸味は余韻にまで鮮やかに続き、少しの苦味が後味を優しく引き締める。抜群のバランスの良さでグラスが進む様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

ボロネーゼ(ミートソース)とワインのマリアージュ

お肉や野菜をじっくり煮込んだボロネーゼ(ミートソース)には、もう少し色の濃い、ミディアムタイプの赤ワインが合います。羊や鹿のようなクセのあるお肉を使ったり、スパイスを効かせたり、濃厚に仕上げたボロネーゼならば、重めの赤ワインも合います。しっかりした果実味と渋味の中に、ほどよい酸味もあるほうが、よりマッチします。

スタッフおすすめ
赤ワイン

【ピエモンテ】のオーガニックワイン

バルベーラ ダスティ サンパンセ

若々しさの中にもエレガントさを感じる味わい。渋味はきめ細やかで優しく、余韻にもカシスの果実味が続く。凝縮感がありつつも重過ぎないボディ、驚くほどのバランスの良さでどこまでも心地良くグラスが進んでしまう赤。

スタッフおすすめ
赤ワイン

【マルケ】のオーガニックワイン

ポデーレ

口当たりはしなやかで、味わいにも熟した果実味が溢れるように広がる。十分な飲み応えと渋味を持ちつつも、綺麗な酸味のエレガントな仕上がり。

ソースの味わいを優先的に考慮しつつ、具材やパスタの種類しだいで、合わせるワインも広がります。ぜひお好みの組合せを探してみてください。

関連キーワード:トマトパスタ、トマトソースパスタ、トマト系パスタ、トマトスパゲッティ、トマトスパゲティ、スパゲッティ、スパゲティ、スパゲティー、スパゲッティー、マカロニ、フジッリ、フュジッリ、ペンネ、リガトーニ、タリアテッレ、リングイネ、フェデリーニ、フェットゥチーネ

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら



イベント情報