お気に入りに登録するボタン

スペインのバルでのおつまみ、タパス&ピンチョス。違いは何なのか、スペインでもしょっちゅう議論の的になります。タパスは通常はもう少し多い量の料理を小皿で少量出す提供するのに対して、ピンチョスは一口で食べられる量を薄切りパンに載せて提供するというようです。現地のスペイン人でさえ違いが定かではない、まあ、ワインに合わせる酒の肴ということでしょう。

串に刺さったものやパンにのせたもの、魚介や肉、冷菜や温菜等々、バリエーションが多く、少量で多くの種類を味わえるのが醍醐味です。小食の日本人にとっては何品か頼めば、それだけで夕食となってしまうという重宝さ。当然ですがどれもワインとの相性の良さはお墨付きです。

目次

食前酒とタパス&ピンチョスの基本ワインペアリング

どんなタパス&ピンチョスにも合うのがスペインのスパークリングワイン、カヴァです。シャンパーニュと同じ製法で、繊細な味わいなので、食材を活かしたシンプルなお料理が多いタパス&ピンチョスは、最初の一杯は迷わず、カヴァがおすすめです。また、コクのあるお料理全般には、ドライなシェリータイプのワインもよく合います。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

スペイン

アンダルシアのオーガニックワイン

ドラド セコ シェリータイプ

アルコール添加をしない古来の製法で造られるシェリータイプ。フロール(酵母膜)が生み出す独特の風味とスムースな口当たりがくせになる味わいです。

他にはどんなワインが合うでしょう。日本でもよく食べられるタパス&ピンチョスを見てみましょう。

クロケッタと白ワインのマリアージュ

クロケッタはスペイン風コロッケのことです。タラや生ハム等の具材をホワイトソースに加えて、オリーブオイルで揚げたお料理。ふわふわの食感と旨みが絶品のスペインバルの定番メニューです。揚げ物なので冷えたスパークリングワインのほか、少し厚みのある白ワインが合います。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ 白

スペイン産のボリュームのある白ワイン。グレープフルーツや桃などの果実の香り。凝縮された果実味と綺麗な酸味のバランスが良く、飲みやすい1本です。

プルポ・ア・ラ・ガジェーガとワインのマリアージュ

プルポ・ア・ラ・ガジェーガ(タコのガリシア風)は スペイン北西部のガリシア州の伝統料理です。茹でたタコを切って、塩・オリーブオイル・パプリカパウダーをかけた温かいお料理です。酸味の強い軽快な白ワインが合います。大西洋に突き出たガリシア地方の気候は雨が多く、同じく大西洋に面するフランスのコニャックと似ています。

フランス

コニャックのオーガニックワイン

シャランテ 白

エッジのきいた酸味が、魚介類の臭みをすっきりと断ち切ってくれる辛口の白ワイン。お刺身や生牡蠣に合わせたいオーガニックワインです。

パタタ・ブラバとワインのマリアージュ

パタタ・ブラバ(フライドポテトのピリ辛ソースかけ)は 揚げたじゃがいもに、ブラバソースと言われるピリ辛なトマトソースをかけたシンプルなお料理で、スペイン全土で人気のメニューです。揚げ物なのでスパークリングワインのほか、ピリ辛トマトソースに合わせて、ジューシーな赤ワインはいかがでしょう。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ブレス 赤

スペイン産の飲みやすいカジュアルな赤ワイン。野苺を思わせる赤い果実香にハーブのアロマ。口当たりはソフトで何度も飲みたくなる味わいです。

いかがでしたか。どれも親しみやすい食材で、日本人の嗜好にもぴったりなタパス&ピンチョス。家庭でも作りやすいので、ぜひ気軽にマリアージュにトライしてください。

ワインと料理のマリアージュ
チョリソーとワインのマリアージュ
チョリソーとはチョリソー(Chorizo)は南欧イベリア半島のスペイン・ポルトガル発祥の、豚肉にパプリカパウダーとニンニクを練り込んでつくるサラミに似たドライソーセージです。パプリカパウダーを使用するため、他のソーセージと比べて赤いのが特徴です。冷蔵庫がない時代からの保存食で、地下室や台所の隅で天井から吊るしておけばいいため、スペインではどこの家庭でも飲食店でも必ず常備されている食品です。(高温多湿の日本では吊るして置けませんが...)Chorizoのスペイン語での発音は「i」にアクセントがあるので「チョリッ...
お気に入りに登録するボタン