水餃子とワインのマリアージュ

餃子とは小麦粉で作った皮で、肉や野菜の餡を包み、茹でる、焼く、蒸す、揚げる等の調理をした点心。本場中国では水餃子が一般的で、焼餃子は「北京風」の調理法です。日本では、焼餃子のほうが一般的でしたが、新しいスタイルの餃子専門店や餃子バーが誕生したりと、独自に進化を続ける中、最近は水餃子の人気も高まっています。

水餃子は焼かないので、素材の風味がより引き立つのが特徴です。油っぽくなくてヘルシーな水餃子にはどんなワインが合うでしょう。

水餃子とワインの基本ペアリング

水餃子は豚肉が使われ、酢醤油をつけるのが一般的。モチっととした皮の食感と肉汁あふれるお肉の旨みが特徴です。それらに寄り添ってくれるのは、シュナンブランやリースリング等の白ワイン。程よい酸味と果実味、ほのかな甘みを持っていて、水餃子の美味しさを引き上げてくれるでしょう。

フランス

ロワールのオーガニックワイン

アンジュー 白

蜂蜜レモンのような甘酸っぱさが印象的なロワールの辛口白ワイン。きりっとした酸味と果実味のある味わいは魚介類などにぴったりのオーガニックワインです。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

シャグリュ 白

しっかりとした酸味と果実味のバランスが非常に良い。コストパフォーマンスも抜群で使い勝手が良い、お料理を受け止める懐が深い白

ピリ辛ダレで食べる水餃子とワインのマリアージュ

タレにひと手間加えれば、ワインとの相性がさらによくなります。酢醤油やポン酢醤油をベースに、ラー油や豆板醤でほんの少し辛味を足して、さらにゴマ、ネギ、生姜、パクチー等をお好みで。タレによって食べ応えと旨みがアップします。合わせるワインはロゼ。白と赤の両方の要素を持つロゼは、中華特有の香りや辛味にも負けず、おすすめです。

フランス

プロヴァンスのオーガニックワイン

ヴァール ロゼ

南仏の定番ロゼワイン。プロヴァンスの海辺のテラス席が似合うフレッシュな辛口のオーガニックワインです。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

「ゴー ミヨー」誌で「ラングドック ルーションの新星」として取り上げられた注目の造り手セブリーヌ ブーリエの作品。抜群のバランスの良さで様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

海鮮水餃子とワインのマリアージュ

豚肉をエビに代えても美味しい水餃子。エビの食感とツルっとした皮の食感がぴったりです。エビのほか、ホタテ等もおすすめです。合わせるワインは、魚介のミネラル感に合わせて、ミネラリーで爽やかな白ワインはいかがでしょうか。

フランス

ボルドーのオーガニックワイン

ボルドー(アントル ドゥー メール) 白 – シャトー デ セニャール ド ポミエ

酸のキレとミネラルがしっかりした繊細な辛口白ワイン。洋食はもちろん、和食との相性も抜群で、食中酒としてとても優秀なワインです。

焼餃子とは違う美味しさを楽しめる水餃子。具やタレのアレンジによって、ワインとの相性は無限大です。ぜひお試しください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報