うなぎ(タレ)とワインのマリアージュ

美食としてもさることながら、古くからスタミナ料理としても日本人に慣れ親しまれてきた鰻。
世界には様々な鰻料理がありますが、日本の蒲焼きは最も美味しい調理法のひとつでしょう。
タレの香ばしさ、身の柔らかさ、山椒や木の芽の清涼感は、五感を刺激する美味しさですね!

ワインとの相性も抜群。醤油ベースのタレや山椒等は日本特有のものですが、コツを知れば至福のマリアージュになります。
では蒲焼きに合う赤ワインを品種別にご紹介します。

ピノノワール

蒲焼きのまろやかな旨味には、繊細で優しいタンニンのピノノワールが合います。ピノノワールは熟成すると出汁のような旨みも加わるので、醤油ベースのタレにも同調し、さらにグッドマリアージュになります。

シラー

タレの甘辛さや山椒のスパイシーさに合わせて、シラー主体のワインはいかがでしょうか。シラーは、果実味から来る甘味と黒コショウのようなスパイシーさを持っているので、ぴったり同調します。

メルローカベルネ ソーヴィニヨン

メルローやカベルネソーヴィニヨン等の木樽熟成したものが、炭火焼の香ばしさに合います。しっかり酸のあるもののほうが、鰻の脂に溶け込んでマッチするでしょう。

ツヴァイゲルト

オーストリアで多く栽培される黒ブドウ品種です。冷涼な地域でも栽培可能なので、しっかり酸があり、また五香粉や烏龍茶の茶葉を思わせるようなオリエンタルなニュアンスを持っていて、これが山椒や木の芽の風味にぴったり合ってご飯もすすみます。

いかがでしたか。
赤ワインの様々な要素が蒲焼きの旨味を引き上げて、色々な表情を見せてくれます。
ハレの日に相応しいだけでなく、一年中美味しくいただける鰻、ぜひワインとのマリアージュを試してみてください。

うなぎ(タレ)に合うワイン

赤ワイン