うなぎ(白焼)とワインのマリアージュ

美食としてもさることながら、古くからスタミナ料理としても日本人に慣れ親しまれてきたうなぎ。蒲焼きがポピュラーですが、酒好きに人気なのが白焼です。素焼きなので、うなぎ本来の香りや味わいを楽しめ、お酒のおつまみとしても欠かせないお料理です。

うなぎの白焼に合わせるワインは、つける調味料によって選びましょう。

塩とうなぎの白焼のマリアージュ

塩でいただくうなぎの白焼には、レモンをきゅっと絞るように、柑橘系の白ワインがおすすめです。和食と相性のいいグリューナーフェルトリーナーはいかがでしょう。また、うなぎには程よい脂と皮の風味があるので、しっかりした果実味があるピノグリも合います。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

グリューナー フェルトリーナー ヴァイトガッセ クレムスタール 白

天ぷらや山菜などの和食と好相性!オーガニック先進国オーストリアのすっきり辛口の白ワインです。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザスピノグリ 白

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

うなぎはハレの日にも相応しいので、贅沢にシャンパーニュもおすすめです。シャンパーニュの繊細な泡と旨みが白焼のふっくらした食感に寄り添い、旨味を引き立てベストマリアージュです!

スタッフおすすめ
スパークリングワイン

【シャンパーニュ】のオーガニックワイン

シャンパーニュ ブラン ド ブラン

ドンペリニヨンの修道院を臨む一等地の畑のぶどうを使用。ここぞという年のシャルドネだけを使い、エレガントに仕上げたオーガニックシャンパーニュです。

塩+わさびとうなぎの白焼のマリアージュ

わさびを足す場合は、香り高いソーヴィニヨンブランはいかがでしょう。日本のハーブとも言われるわさびは魚臭さを消してくれて、香りが引き立てあいます。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ピエモンテ】のオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン

透明感のある淡い黄色。蜂蜜、パイナップルの香りに控えめなハーブ香のアクセントも。熟した果実の味わいを心地よい酸味が支える辛口。しっかりとした構造を持ち、ボリュームのある余韻に幸せを実感できる1本。

わさび醤油とうなぎの白焼のマリアージュ

うなぎの白焼をわさび醤油でいただくのもおすすめです。その場合は、カベルネフランやツヴァイゲルト等の赤ワインが合うでしょう。品種独特の個性として、オリエンタルな風味があり、ぴたっとはまります。

スタッフおすすめ
赤ワイン

【ロワール】のオーガニックワイン

サン ニコラ ド ブルグイユ サーブル

カベルネフラン100%、赤いフルーツのジャムを思わせる濃厚で甘い香りに、カベルネ種らしい野菜のような香りやスパイス香が小気味いいアクセントになっています。強めのタンニン分を濃厚な果実味がカバーする、ボリュームのあるワインです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

オーストリアのオーガニックワイン

ツヴァイゲルト

チェリーケーキ、サワーチェリー、ブラックベリーやラズベリーなど、ツヴァイゲルトという品種らしい果実味が特徴の、ジューシーで飲みやすい赤ワインです。

いかがでしたか。塩にもわさび醤油にもオリーブオイルをひと足しすると、よりワインとの相性は高まるでしょう。ハレの日に相応しいだけでなく、一年中美味しくいただけるうなぎ、ぜひワインとのマリアージュを試してみてください。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報