お好み焼きとワインのマリアージュ

水で溶いた小麦粉を生地として、お肉や魚介、キャベツ等のお好みの具材を入れ、焼き上げたお料理、お好み焼き。地域によって焼き方や具材に違いがありますが、身近な材料で作れて誰もが親しみやすい味わいです。

お好み焼きと言えばソースが欠かせませんが、ワインとの相性もいいので、幅広く合わせてみましょう。

<スパークリングワイン>

冷えたスパークリングワインは、幅広くお料理に合い、特にアツアツのお料理との相性は抜群です。お好み焼きはボリューム感のあるお料理なので、ロゼスパークリングや赤の微発泡もおすすめです。

<白ワイン>

イカやエビ等を使った海鮮お好み焼きには、酸、ミネラル、果実味のバランスがとれた、程よく厚みのある白ワインがおすすめです。酸やミネラルが余分な油っこさを流しながら、お好み焼きのボリューム感をしっかり受け止めてくれるイメージです。

<赤ワイン>

ソースの味わいに最も合うのは赤ワインです。ソースの原料には果物やスパイスが沢山使われていて、赤ワインの要素に似ているので、程よい酸と果実味ある赤ワインがとても合います。ソースをたっぷりかけたお好み焼きには、ガメイシラーはいかがでしょう。素朴で土っぽい風味のガメイはお好み焼きのほっこり感に、コショウのような香りが特徴のシラーはソースのスパイシーさに同調して美味しくいただけます。

いかがでしたか。他にも、シェリータイプのワインに、レモンスライスを浮かべて炭酸で割ったものを爽やかにいただくのもおすすめです! ぜひ気軽にワインとのマリアージュを楽しんでください。

お好み焼きに合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

赤ワイン

その他のお酒

ドラドセコのおすすめの飲み方

スペイン産の「ドラド セコ」はレモンスライスを浮かべて炭酸で割ると爽やかにお楽しみいただけます。