お好み焼きとワインのマリアージュ

お好み焼きとは

水で溶いた小麦粉を生地として、お肉や魚介、キャベツ等のお好みの具材を入れ、焼き上げたお料理、お好み焼き。発祥は花街で鉄板を客室に持ち込んで、お客が自分で好きなように焼く高級な料理だったと言われていますが、戦後は庶民の味として広がりました。地域によって焼き方や具材に違いがあり、身近な材料で作れて誰もが親しみやすい味わいです。

お好み焼きと言えば濃厚なソースやマヨネーズなどの「こってり味」。ワインをペアリングする際は、この味に寄り添うワインか、すっきり切るワインがおすすめです。

スパークリングワインとお好み焼きのマリアージュ

爽やかでフルーティなスパークリングワインは、ソースの濃い味や、粉もの独特の食感をすっきりさせてくれます。お好み焼きはボリューム感のあるお料理なので、ロゼスパークリングや赤の微発泡もおすすめです。

イタリア

ヴェネトのオーガニックワイン

スプマンテ ヴェネツィア 発泡

スパイス感とミネラル感を楽しめる辛口のスパークリングワイン。プロセッコの印象以上の飲みごたえがあるオーガニックワインです。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

マンドルロ 赤 微発泡

心地よく軽快な飲み口の微発泡の辛口赤ワイン。重くなりすぎずお料理が楽しくなるようなオーガニックワインです。

白ワインとお好み焼きのマリアージュ

イカやエビ等を使った海鮮お好み焼きには、酸、ミネラル、果実味のバランスがとれた、程よく厚みのある白ワインがおすすめです。酸やミネラルが余分な油っこさを流しながら、お好み焼きのボリューム感をしっかり受け止めてくれるイメージです。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア 白

シチリアの土着品種を使ったフレッシュでフルーティな白ワイン。みずみずしい味わいが楽しめるオーガニックワインです。

赤ワインとお好み焼きのマリアージュ

ソースの味わいに最も合うのは赤ワインです。ソースの原料には果物や野菜、スパイスが沢山使われていて、赤ワインの要素に似ているので、スパイシーで果実味豊かな気軽な赤ワインがよく合います。

フランス

ローヌのオーガニックワイン

コスティエールドニーム 赤

カマルグにもほど近い自然豊かな畑で造られたオーガニックワイン。シラーやムールヴェードルなどを使い、デイリーに楽しめる心地よさが特徴です。

クラフトビールとお好み焼きのマリアージュ

濃厚ソース味の粉ものにはクラフトビールもよく合います。炭酸の泡で口の中は締まりますので、まったりとした濃厚ソースに寄り添えるアンバービールがおすすめです。

フランス

アルザスのオーガニッククラフトビール

アンバービール

アルザスのブレッシングさんが造るクラフトビール。
アンバーは、輝きのある琥珀色、濃厚で生き生きとして丸みがある味わいのまろやかなビール。

いかがでしたか。ワインと合わせる場合はソースに控え目にするのがおすすめです! ぜひ気軽にワインとのマリアージュを楽しんでください。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. ピザ

    ピザ(トマトソース以外)とワインのマリアージュ

  2. 生春巻き

    生春巻きとワインのマリアージュ

  3. フリット

    魚介のフリットとワインのマリアージュ

  4. ロールキャベツとワインのマリアージュ

  5. アヒージョとワインのマリアージュ

  6. 海藻サラダとワインのマリアージュ