焼肉とワインのマリアージュ

贅沢な外食の定番、焼肉。「今日は焼肉だ!」と焼肉屋さんに出掛け、タレに浸した牛肉の切り身を卓上の鉄網に載せて自分で焼いて食します。直火で焙られタレと肉が焦げた匂いが舞い上がり、否応なく食欲が出ますし、ワインを飲みたくなります。

韓国に行くと焼肉は「プルコギ」、網ではなく鉄兜のような鍋で大きな肉を焼き、ハサミで切って取り分けるスタイルです。日本スタイルの、醤油、ごま油、みりん、砂糖、ニンニクなどを混ぜ合わせたタレに浸した肉の切り身を網焼きする「焼肉」は、かつては「朝鮮焼肉」と呼ばれ、朝鮮半島出身者の店が日本で始めたもの。本場の「プルコギ」と違い、精肉だけでなくホルモンも使います。そして独自に進化を続け、揺るぎないご馳走の地位を築きました。そしてその進化は今もとまらず、黒毛和牛一頭買い、希少部位や熟成肉などの高級化と、大衆居酒屋チェーンが焼肉店に衣替えするなど、「焼肉」の二極化が同時に進んでいます。

焼肉屋さんでは、肉の部位にカルビ、トウガラシ、トモバラ、ザブトン、ミスジ、カイノミ、サンカク、サンカクバラ、センボン、シンシン、チモモなどのとても日本語とは思えない隠語のような名前が使われています。最近はスーパーでもこのような肉を見かけるようになりました。普通の肉に比べるとちょっと高い、と言っても焼肉屋さんの何分の一かの値段です。どうせ自分で焼くのだし、煙の排気だけどうにかすれば自宅でも気軽に高級焼肉を楽しめますから、ぜひお好きなワインとのペアリングを楽しんでみましょう。

甘辛醤油タレで食べる焼肉とワインのマリアージュ

焼肉と言えば、醤油ベースの甘辛タレがもっとも一般的。合わせるワインはもちろん赤。ほのかな甘味を感じるような果実味の濃縮感ある赤ワインがタレの甘さにぴったり合います。果実味に加えて酸も重要です。脂身が多いお肉には、酸があるワインのほうが、脂分を程よく流してくれるので、旨みだけが口の中に残り、最後まで美味しく食事が進むでしょう。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー 赤

ゴーミヨー誌で「ラングドックルーションの新星」として取り上げられたセブリーヌの作品。力強さとしなやかを合わせもつオーガニックワインワイン。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

カベルネ ソーヴィニヨン 赤

南仏の太陽の下、ぎりぎりまで熟したカベルネソーヴィニヨンを使用。力強さとしなやかさを楽しめる単一品種のオーガニックワインです。

塩で食べる焼肉とワインのマリアージュ

ファーストオーダーの定番、タン塩とレモンの組合せには、柑橘系の白ワインがおすすめです。タン以外のお肉にも、レモンを絞るような感覚で柑橘系白ワインを合わせれば、お肉の旨みをさっぱりと美味しくいただけるでしょう。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

シャグリュ 白

しっかりとした酸味と果実味のバランスが非常に良い。コストパフォーマンスも抜群で使い勝手が良い、お料理を受け止める懐が深い白

塩ダレで食べる焼肉とワインのマリアージュ

ゴマ油やニンニク等が入った塩ダレには、少し厚みのある白が合います。樽の香りの白ワインもゴマ油の風味に合うでしょう。さらにネギを加えた「ネギ塩タレ」には、ビターなニュアンスのある白ワインはいかがでしょうか。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

スパレット ビアンコ 白

熟した林檎や洋梨のコンポートに花梨、アーモンド、月桂樹やフェンネルシードに、蜂蜜、松脂など、様々な要素が混じり合う複雑な香り。口当たりは力強く、たっぷりとした果実味に豊かなボリューム感。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

グリッロ 白

華やかでボリューム感のある香り。口に含むと、丸みを帯びた果実味に広がるフレッシュで心地よい酸味。わずかな苦味とミネラル感が余韻へと続く。

1本で楽しむワインと焼肉のマリアージュ

味の薄いものから順に、塩→塩ダレ→甘辛ダレと食べすすめて、それぞれにワインを合わせるのがおすすめですが、食事全体を通して1本選ぶならスパークリングワインです。アツアツのお料理との相性はもちろん、サラダ、キムチ、冷麺等、少し辛味のある焼肉のサイドメニューにもぴったりです。お肉をメインに考えるなら、ロゼスパークリングもおすすめです。ハレの日の焼肉ならぜひシャンパーニュを。

フランス

シャンパーニュのオーガニックワイン

シャンパーニュ(3年熟成)発泡

オヴィレ村・ドンペリニヨンの修道院南斜面の一等地畑から生まれた極上のシャンパーニュ。3年以上カーヴで熟成し、ふくよかな味わいです。

フランス

シャンパーニュのオーガニックワイン

シャンパーニュ ロゼ Brut3年熟成 発泡

オヴィレ村・ドンペリニヨンの修道院南斜面の一等地畑から生まれた極上のロゼシャンパーニュ。見た目も味わいも華やかそのもの。

ワインとの相性を知れば、焼肉の魅力はさらに広がります。定番の赤ワイン以外にも選択肢を増やして、焼肉のマリアージュを楽しんでください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら