やきとりとワインのマリアージュ

やきとりと言うと、「仕事帰りのサラリーマンが、職場最寄りの駅近のやきとり屋で一杯」とか「部活帰りの高校生が百円玉を握りしめて、屋台で買い食い」というイメージがある、日本の伝統的ファストフードです。

すでに平安時代には小鳥を串に刺して塩焼きしていたとか、江戸初期には醤油と酒のたれに漬け焼するというレシピー文献もあるそうです。安くてヘルシー、種類も豊富で、美味しいやきとり。本格的な直火焼きでなくとも、ご家庭でフライパンや魚焼きグリルでも調理できます。

香ばしく焼けたやきとりはうま味もあり、幅広いワインとのペアリングが楽しめます。正肉、ねぎま、ささみ、手羽先、かわ、つくね、レバー、ハツ、ヤゲン、ぼんじり、砂肝など部位を考慮しつつ、調味料に合わせて選んでみましょう。

塩味のやきとりと白ワインのマリアージュ

ささみや胸肉等の繊維質のさっぱりしたお肉を塩でいただく場合は、レモンやスダチをきゅっと絞るように、柑橘系の白ワインが合います。ささみを塩と山葵でいただくさび焼は、山葵の風味に合わせてハービシャスな白ワインも合います。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ ブレンド 白

骨格のあるシャルドネをベースにルーサンヌをブレンドして、フルーティーで飲みやすく仕上げた、心地よい飲み口が魅力の白ワインです。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン 白

ソーヴィニヨンブランらしいトロピカルフルーツやハーブを感じる香りと、ほどよいボリューム感が楽しめる辛口のオーガニックワインです。

腿や手羽先のように脂身がしっかりあるお肉を塩でいただく場合は、もう少しコクや樽の風味ある白ワインが合います。皮の香ばしさや肉汁の美味しさを、しっかり受け止めてくれるイメージです。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ(樽熟) 白

シャルドネを樽発酵、樽熟成で仕上げた「上質なブルゴーニュ」を彷彿とさせるコストパーフォーマンス抜群のオーガニック白ワインです。

食感を楽しめる砂肝やハツなども塩が合います。ホルモン特有のくせはスパークリングと合わせるのがいいでしょう。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

クレマン ダルザス 発泡

創業1620年の名家メイエー家が造る、シャンパン製法の辛口スパークリングワイン。爽やかさとふくよかさが秀逸、乾杯から前菜、軽めのメインまで楽しめます。

醤油タレ味のやきとりと赤ワインのマリアージュ

醤油ベースの甘辛いタレでいただく場合は、軽め~中程度の赤ワインが合います。ピノノワールは醤油のような香りもあるのでベストマリアージュです! また、太陽いっぱいのイタリア、スペインの赤ワインは、果実味と木樽熟成からくるほのかな甘みがタレの甘味にぴったり。程よく酸のあるもののほうが、脂に溶け込んでマッチします。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

オック ピノ ノワール 赤

ヴァン・ド・ペイのクラスとは思えないほど洗練された1本。ブルゴーニュのピノノワールを感じさせるエレガントな仕上がりのオーガニックワインです。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ブレス クリアンサ 赤

2年以上の熟成(クリアンサ)で濃厚でまろやかな味わい、動物由来物質不使用でヴィーガンフレンドリーなコストパフォーマンス抜群のオーガニックワインです。

タレ+スパイスのやきとりと赤ワインのマリアージュ

タレに一味や七味等をつけた場合は、もう少し強さのある赤ワインが合います。シラーは、果実味から来る甘味と黒コショウのようなスパイシーさを持っているのでとても合います。
タレに山椒を加えた場合は、カベルネフランやツヴァイゲルトはいかがでしょうか。品種独特の個性として、オリエンタルな刺激があり、それが山椒の風味にぴたっとはまります。

フランス

ロワールのオーガニックワイン

サン ニコラ ド ブルグイユ サーブル 赤

サーブルは砂を意味し、砂質畑のカベルネフランを中重口に仕上げた赤ワインです。ハイセンスなラベルで贈り物にもぴったり。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

ツヴァイゲルト 赤

チェリーケーキ、サワーチェリー、ブラックベリーやラズベリーなど、ツヴァイゲルトという品種らしい果実味が特徴の、ジューシーで飲みやすい赤ワインです。

塩もタレも合うやきとりとロゼワインのマリアージュ

一串ごとにワインのマリアージュを楽しめたら最高ですが、食事を通して1本選ぶなら、おすすめはロゼワインです。白の爽快さと赤のコクを持ち合わせているので、塩にもタレにも寄り添ってくれます。


ワインを開栓してもその日に飲み切らなければならないわけではありません。しっかり造られたワインは、栓をして、温度に気を付けて保管すれば通常数日間は美味しく飲めます。なので数種類のワインを通常ぜひ組合せを楽しんでください。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. うなぎ(白焼)とワインのマリアージュ

  2. うなぎ(タレ)とワインのマリアージュ

  3. サンマの塩焼き

    秋刀魚(さんま)とワインのマリアージュ

  4. カニ

    カニ料理とワインのマリアージュ

  5. ふぐ刺身

    ふぐ刺し(てっさ)とワインのマリアージュ

  6. 焼餃子とワインのマリアージュ