寿司とワインのマリアージュ

今や世界中で愛されるお寿司。
自宅で楽しむ握り寿司や手巻き寿司も、大勢の食卓やホームパーティでは大人気。
ワインと楽しむ人も増えていますね。
魚介の生臭みを消し旨味を引き立ててくれるマリアージュを紹介します。

まずシンプルに合わせたいなら、最初から最後までスパークリングで通すのがおすすめ。
シャンパーニュなら間違いありません。
繊細でエレガントな泡はお寿司の味の邪魔をしないだけでなく、ミネラルや旨味成分が多いので、魚介のそれと同調し、至福のマリアージュとなります。

次にご紹介する方法はネタとワインの色を合わせて、ヒラメやタイなどの白っぽいネタには白ワイン、マグロや穴子の赤っぽいネタには赤ワイン、そしてサーモンやエビなどのピンクっぽいネタにはロゼワインというルール。

白ワインは、程よい酸味とミネラル感があり、フルーティすぎないものが〇。
魚介の風味とぶつからずに旨味を引き上げてくれます。

赤ワインは、軽くてタンニンの少ないほうが合います。
赤ワインの重さや複雑さは魚介の風味とぶつかってしまいます。

ロゼワインなら辛口、特にプロヴァンス地方のものがおすすめです。
優しい酸味と果実味の辛口ロゼは酢飯との相性も抜群!

他にも調味料によって合わせる方法もあり、塩やレモンなら白ワイン、醤油やタレなら赤ワインがおすすめです。

ぜひご自宅でネタと調味料を代えて色々なマリアージュにトライしてください。

寿司に合うワイン

スパークリングワイン

赤ワイン

ロゼワイン

白ワイン