お刺身・お造りとワインのマリアージュ

日本が誇る食文化の一つ、お刺身。
お刺身といえば日本酒!という方も多いと思いますが、合うワインを知っていれば、簡単にマリアージュを楽しめるお料理です。
新鮮なお刺身の盛合せと、大好きなワインが揃えば、食卓が一気に華やぎます。

まずシンプルに合わせたい場合は、すっきりした辛口のスパークリングワインがおすすめです。
特にシャンパーニュは、ミネラルや旨味成分が多いので、魚介と同調し、中でもシャルドネだけで作られるブランドブランは、よりエレガントなので至福のマリアージュとなります。
またスペインのカヴァも、シャンパーニュと同じ製法のため、すっきりしつつ旨みもあるので魚介と合います。

次におすすめする方法は、マリアージュの基本でもある色の組合せです。
ヒラメやタイなどの白身魚には白ワインで、程よい酸味とミネラル感があり、フルーティすぎないものが〇。
魚介の風味とぶつからずに旨味を引き上げてくれます。
塩やレモンの調味料やわさびや大葉などの薬味にも、白ワインはぴったりです。

そしてマグロやカツオなどの赤身には赤ワインで、軽くてタンニンの少ないほうが合います。
特にピノノワールは出汁のような風味もあり、お醤油との相性もいいでしょう。

お魚は種類によって栄養成分も異なるので、色々なお刺身を選べば、健康に、マリアージュに、一石二鳥の食卓になりますね!

お刺身・お造りにおすすめワイン

スパークリングワイン

赤ワイン

白ワイン