焼売とワインのマリアージュ

豚の挽肉をタマネギなどと一緒に小麦粉の皮で包み、セイロで蒸した中華料理“点心”の一種、焼売。

肉感をしっかり味わえる上に、コロンとかわいい見た目は、ワインのおつまみに最適。お醤油に辛子やお酢を足すのが定番ですが、ワインと合わせる時は、何もつけず、豚肉の旨味をストレートに味わうのもおすすめです。

では焼売にはどんなワインが合うでしょう。

<スパークリングワイン>

爽やかなスパークリングは、お肉の脂分をさっぱり洗い流してくれるので、美味しく食べ続けることができます。焼売は肉感がしっかりあるので、ロゼスパークリング赤の微発泡も合います。

<白ワイン>

豚肉の旨味には果実味のふくよかな白ワインがぴったり。リースリングシュナンブランは、程よい酸味やほのかな甘みもあり、豚肉の旨味にとてもマッチします。少し厚みのあるピノグリゲヴェルツトラミネールもおすすめで、中華料理のようなコクのある料理とよく合います。
また、ほんのり樽の効いたシャルドネもおすすめです。

<ロゼワイン>

豚肉にはロゼワインも〇。ほのかなタンニンが、豚肉の旨味と甘味を引き立ててくれます。
また、酸化防止剤を最低限に抑えたり、ブドウ本来の味わいを活かした、よりナチュラルな造りのワインも、中華特有の複雑な旨味に不思議とマッチします。

<赤ワイン>

しっかり味付けされた焼売には赤ワインもおすすめ。お醤油を足してフライパンでパリッと表面を焼いて焼き焼売にすれば、その香ばしさがさらにマッチしてくれます。醤油ベースの味付けには、タンニンの中にまろやかさがあるメルローガメイはいかがでしょう。胡椒が効いた焼売なら、シラー主体の赤ワインもぴったり。

いかがでしたか。様々なワインと一緒に、幅広いマリアージュが楽しめる焼売。
餃子&ワインのマリアージュに続いて、人気が出そうですね!

焼売に合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

ロゼワイン

赤ワイン