干物とワインのマリアージュ

お刺身に始まり、煮物や焼き物と、日本には美味しいお魚の調理法が沢山あります。干物もその一つ。元々は保存のために考えられたものですが、栄養分や旨味も凝縮されて、いいことづくめ。

干物とワインを合わせるのは、ハードルが高いイメージがありますが、先入観にとらわれずにトライすれば、マリアージュの楽しみが広がります。ワインに合わせるなら、ふっくらジューシーに焼きあがった、比較的さっぱりした白身魚の干物がおすすめです。

ワインタイプ別!干物に合うワイン!

スパークリングワイン

爽やかな香りと優しい泡のスパークリングは、どんな食事にも合わせやすく、干物の生臭さも感じにくくなります。クレマンやカヴァ等の瓶内二次発酵という製法で造られたスパークリングワインは、アミノ酸等の旨味成分が多く含まれるので、和食の旨味ともよく合います。

白ワイン

干物にレモンをきゅっと絞る感覚で、柑橘系の白ワインを合わせましょう。お醤油をポン酢に代えるのも〇。おすすめワインは、グリューナーフェルトリーナー。酸、ミネラル、果実味のバランスがよく、ほのかに感じる苦味もあり、好相性です。

ロゼワイン

ロゼワインは幅広く和食に合います。干物は丸ごと頭から尻尾まで食べることが多く、旨味や苦味、甘味等の味わいが凝縮してるので、ロゼに含まれるほのかなタンニンがそれらを優しく包んでくれるでしょう。

いかがでしたか。ワインとの相性をさらに高めるコツは、最近、お魚屋さんもおすすめしている、干物をオリーブオイルで焼く方法です。フライパンで手軽に焼くことができるので、ぜひお試してみてください。

干物に合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

ロゼワイン