干物とワインのマリアージュ

干物

お刺身に始まり、煮物や焼き物と、日本には美味しいお魚の調理法が沢山あります。干物もその一つ。元々は保存のために考えられたものですが、栄養分や旨味も凝縮されて、いいことづくめ。

干物とワインを合わせるイメージはあまりありませんが、先入観にとらわれずにトライすれば、マリアージュの楽しみが広がります。

干物とワインの基本ペアリング

ワインに合わせるなら、ふっくらジューシーに焼きあがった、比較的さっぱりした白身魚の干物がおすすめです。また、オリーブオイルを使ってフライパンで焼いたり、アレンジとしてディップやソースをかければ、さらに合わせやすくなります。

白ワインと干物のマリアージュ

干物にレモンをきゅっと絞る感覚で、柑橘系の白ワインを合わせましょう。干物は塩分があるので、お醤油はかけないほうが相性がいいでしょう。

フランス

コニャックのオーガニックワイン

シャランテ 白

エッジのきいた酸味が、魚介類の臭みをすっきりと断ち切ってくれる辛口の白ワイン。お刺身や生牡蠣に合わせたいオーガニックワインです。

ロゼワインと干物のマリアージュ

丸ごと頭から尻尾まで食べる干物は、色々な味わいが凝縮してるので、ロゼに含まれるほのかなタンニンや苦味がそれらを優しくまとめてくれるでしょう。皮の香ばしさやお醤油との相性も、ロゼワインがおすすめです。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

「ゴーミヨー」誌で「ラングドックルーションの新星」として取り上げられた注目の造り手セブリーヌブーリエの作品。抜群のバランスの良さで様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

アレンジ干物とワインのマリアージュ

干物にディップやソースを足せば、ワインとの相性がさらにアップします。バジルソースをかけて柑橘系の白ワインと合わせたり、マヨネーズと味噌を混ぜたディップなら少しコクのある白ワインもいいでしょう。干物を小さめに切って洋風のお皿に盛り付けるのもおすすめです! 

いかがでしたか。干物とワインのマリアージュを楽しめるようになったら、すっかり上級者かもしれません! 

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら


ワインとのペアリングを料理ジャンル別にまとめました。


こちらもいかがですか?

  1. やきとりとあうワイン

    やきとりとワインのマリアージュ

  2. ラザーニャ

    ラザニアとワインのマリアージュ

  3. 生牡蠣とワインのマリアージュ

  4. 西京焼き

    西京焼きとワインのマリアージュ

  5. うなぎ(白焼)とワインのマリアージュ

  6. 酢豚

    酢豚とワインのマリアージュ

  1. ムニエルとワインのマリアージュ

  2. チョコレートケーキ

    ガトーショコラとワインのマリアージュ

  3. チーズフォンデュ

    チーズフォンデュとワインのマリアージュ

  4. 生牡蠣とワインのマリアージュ

  5. 肉じゃが

    肉じゃがとワインのマリアージュ

  6. 白和えとワインのマリアージュ

  7. シュークルート(ザワークラウト)とワインのマリアージュ

  8. サンマの塩焼き

    秋刀魚(さんま)とワインのマリアージュ

  1. 生牡蠣とワインのマリアージュ

  2. 寄せ鍋

    寄せ鍋とワインのマリアージュ

  3. ビーフシチューとワインのマリアージュ

  4. カスレ

    カスレとワインのマリアージュ

  5. ブイヤベース

    ブイヤベースとワインのマリアージュ

  6. おでんとワインのマリアージュ

  7. タルトフランベとワインのマリアージュ

  8. 水炊き

    水炊きとワインのマリアージュ

料理タイプ別マリアージュ

イベント情報