西京焼きとワインのマリアージュ

西京焼きとは、京都で作られる西京味噌(白味噌)の漬け床にお魚を漬けて焼いたお料理。西京味噌の甘味と旨味が、魚本来の味を引き出し、まろやかなでとろけるような味わいです。

お味噌はワインと同じ発酵食品なのでとても相性がよく、ほのかな甘味を持った白味噌には口当たりの優しいワインがぴったりです。

ワインタイプ別!西京焼きに合うワイン!

スパークリングワイン

爽やかな香りのスパークリングは、和食によく合います。特にクレマンやカヴァ等の瓶内二次発酵という製法で造られたスパークリングワインは、繊細な泡と優しい味わいで、アミノ酸等の旨味成分も多く含んでいるので、西京味噌の旨味とよくまとまります。

白ワイン

西京焼きの甘味に合わせて、ほのかな甘みのある白ワインはいかがでしょう。おすすめはリースリング。程よい酸と果実味に加えて、ほんのり甘みもあり、繊細さも持っているので、和食におすすめの白ワインです。
また、焼いた皮やお味噌の香ばしさには、樽の香りのあるワインもおすすめです。樽の香りは強すぎないほうが、西京味噌のまろやかなコクに合うでしょう。

ロゼワインや軽めの赤ワイン

サワラや銀ダラ等の白身魚には白ワインがおすすめですが、サーモンやブリ、赤魚等の西京焼きには、色を合わせてロゼワイン軽めの赤ワインはいかがでしょうか。白身魚より、少し味が濃いお魚なので、優しいタンニンを持つワインが合います。西京味噌を赤味噌で代用した場合も、よりロゼワインや軽めの赤ワインが合うでしょう。

いかがでしたか。オリーブオイルで焼いたり、チーズをかけたり、西京焼きはアレンジも楽しめます。「お魚には白ワイン」という定番からさらに一歩踏み込んで、マリアージュの世界を広げてみませんか。

西京焼きに合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

赤ワイン

ロゼワイン