ポテトサラダとワインのマリアージュ

ジャガイモを使った料理と言えばポテトサラダ。和食にも洋食にも合うので、とても身近で馴染み深いお料理です。

茹でたジャガイモとマヨネーズをベースに、その土地土地の具材を混ぜ合わせるだけのシンプルなレシピーで、世界中で食べられているポテトサラダ、スペイン語では”Ensalada Rusa”で「ロシアのサラダ」と呼び、Bar(バル)のピンチョス(おつまみ)の定番アイテムです。
帝政ロシア時代の1960年にモスクワの高級フレンチレストラン「エルミタージュ」がジャガイモとマヨネーズをベースにしたサラダをメニューに入れたところ大好評で、高級フレンチの世界に広がったので「ロシアのサラダ」なのだそうです。とにかくコンセプトが単純で誰でも作れるので、「失敗のない」定番料理として世界中で親しまれるようになりました。

簡単で手軽なポテトサラダ、混ぜ込む野菜や肉、魚介でバリエーションが広がるので、いろいろなワインとのマリアージュを楽しめます。アクセントのある食材を足すと、より相性がアップします! レシピ別におすすめワインをご紹介します。

王道のポテトサラダのマリアージュ

玉ねぎ、人参、ハム等が入った王道のポテトサラダには、白ワインがぴったり。どんなタイプの白も合いますが、マヨネーズの味が染み込んで、ジャガイモのホクホク感もあるので、少しコクのある白ワインのほうが美味しいマリアージュになるでしょう。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザスピノグリ

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

チーズ入りポテトサラダのマリアージュ

王道のポテトサラダに、クリームチーズやおろしたハードチーズ等を加えると、よりコクが増したポテトサラダのできあがり。ワインも、よりコクのある樽風味のものがぴったりです。
ブルーチーズを使った場合は、軽めの赤ワインとの相性も抜群。ブルーチーズのクセを、まろやかなタンニンが包みこみ、心地よい後味です。

スタッフおすすめ
白ワイン

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ(樽熟) 白

南仏ラングドックの世界遺産カルカッソンヌを臨む畑で造られたコクのある白ワイン。人気品種のシャルドネを樽で仕上げたこのワインは、さわやかな柑橘系の果物と優しい酸味のバランスがよく、余韻にはバターやナッツの香ばしさが楽しめます。コンテなどのハードチーズや、バターやクリームを使ったお料理におすすめです。

魚介とハーブのポテトサラダのマリアージュ

ワインのおつまみには、海老やタコ等の魚介に、ディルやフェンネル等のハーブを加えた華やかなポテトサラダはいかがでしょう。合わせるワインは、魚介のミネラルとハーブに合わせて、ソーヴィニヨンブランがおすすめ。他にセロリやアボカドもソーヴィニオンブランと好相性です。

スタッフおすすめ
白ワイン

カタルーニャのオーガニックワイン

ペネデス白

洋梨や林檎のコンポートに、シナモンやドライパセリのハーブ香、アーモンドなどナッツの香りも。ドライな果実味としっかりとした旨味で、飲み応えのあるスペイン産白ワインです。

ベーコンやアンチョビのポテトサラダのマリアージュ

ハムをベーコンやアンチョビ等の少しパンチがあるものに変えると、よりワインとの相性がアップします。他にコンビーフもおすすめです。白ワインも合いますが、ワインのおつまみなら、ぜひ軽めの赤ワインを。たっぷりの黒コショウも忘れずに。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ボジョレーのオーガニックワイン

レニエ(クリュ ボジョレー)

ボジョレー北部のレニエ村で、人と馬の力だけで畑を耕し、昔ながらの醸造器具でワインを作るランポンさん。穏やかで実直な性格を反映するような優しい味わいの赤ワインです。

いかがでしたか。ワインのおつまみとしても最適なポテトサラダ。ちょっとしたサラダにワインを合わせたい時は、グリーンサラダではなく、ポテトサラダを用意するのがグッドアイデアですね!

関連キーワード:ポテトサラダ、ぽてとさらだ、ジャガイモサラダ、じゃがいもさらだ、potetosalada、potate salade、salade aux pommes、ensalada rusa、ensaladilla russa

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら



イベント情報