パスタ(オイル系)とワインのマリアージュ

イタリア料理を代表するパスタ。スパゲティーやマカロニやペンネなど、今や日本人の食卓にも欠かせない存在です。古くからイタリアでは食事にワインはつきもので、共に広まってきた歴史があり、当然パスタとワインの相性も抜群。

パスタの味を決める大きな要素はソースなので、合わせるワインはソースのタイプによって考えましょう。

パスタ(オイル系)の基本ワインペアリング

オイル系パスタは、たっぷりのオリーブオイルで具材を炒めて、そのままパスタに絡めます。素材の味や香りをシンプルに楽しめるだけでなく、乳化によるオイリーで濃厚なソースが麺と一体化しているので、白ワインやロゼワインとペアリングさせるのが基本です。

パスタ(オイル系)の具材別おすすめマリアージュ

ペペロンチーノとワインのマリアージュ

オイル系パスタの王道ペペロンチーノ。ニンニクや唐辛子が効いていますが、食材や味わいはシンプルなので、白ワインなら幅広く合うでしょう。辛味をまろやかにしてくれるスパークリングワインや、スパイシーさに合わせて辛口ロゼワインもおすすめです。

スタッフおすすめ
白ワイン

ヴェネトのオーガニックワイン

スプマンテ ヴェネツィア 発泡

メロンのような果実味が広がり、その後すぐにきめ細かい泡が口中を満たす。ほんのりとした苦味が大変バランスよく後味を引き締める。キリリと冷やして飲みたい、コストパフォーマンスが良い人気の泡。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

生き生きとした酸味と果実味が広がり、それに伴うミネラル感が印象的。酸味は余韻にまで鮮やかに続き、少しの苦味が後味を優しく引き締める。抜群のバランスの良さでグラスが進む様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

ペスカトーレビアンコやボンゴレビアンコとワインのマリアージュ

魚介たっぷりのペスカトーレビアンコやアサリの出汁が美味しいボンゴレビアンコは、ミネラル感のある爽やかな白ワインが合います。ほどよい果実味や余韻に苦味があると、より魚介の旨みを引き立ててくれるでしょう。

スタッフおすすめ
白ワイン

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア

フレッシュでみずみずしいシチリアの白ワイン。十分な果実味があり、酸味とのバランスが良いので飲み疲れない味わいです。

バジル(ジェノベーゼ)ソースとワインのマリアージュ

たっぷりのバジルにオリーブオイルや松の実、パルミジャーノチーズを混ぜ込んだバジルソース。バジリコソース、ジェノベーゼソースとも呼ばれます。バジルの風味にあわせて、ハーブの香りが特徴のソーヴィニヨンブランはいかがでしょうか。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ピエモンテ】のオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン

透明感のある淡い黄色。蜂蜜、パイナップルの香りに控えめなハーブ香のアクセントも。熟した果実の味わいを心地よい酸味が支える辛口。しっかりとした構造を持ち、ボリュームのある余韻に幸せを実感できる1本。

イカ墨ソースとワインのマリアージュ

力強いイカスミのコクを受け止めてくれるスパークリングワインやロゼワイン、あるいは軽めの赤もおすすめです。重めの赤ではイカスミの風味が消されてしまうので避けた方がいいでしょう。

スタッフおすすめ
赤ワイン

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ

口当たり穏やかで、可愛らしい果実味に寄り添うように広がる酸味。優しい飲み口が魅力の昔ながらの味わいのキャンティ。

ソースの味わいを優先的に考慮しつつ、具材やパスタの種類しだいで、合わせるワインも広がります。ぜひお好みの組合せを探してみてください。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報