パスタ(クリーム系)とワインのマリアージュ

クリームパスタ

イタリア料理を代表するパスタ。スパゲティーやマカロニやペンネなど、今や日本人の食卓にも欠かせない存在です。古くからイタリアでは食事にワインはつきもので、共に広まってきた歴史があり、当然パスタとワインの相性も抜群。

パスタ(クリーム系)の基本ワインペアリング

野菜、きのこ、鶏肉、魚介等、具材の幅が広く、生クリームがあれば簡単に作れる王道のクリーム系パスタ。ソースのクリーミーさに合わせて、乳酸発酵(※)によるまろやかさや、ほのかに樽香のある、少し厚みのある白ワインがぴったりです。具材によっては樽熟成の赤ワインまで楽しめます。

※乳酸発酵とは、マロラクティック発酵とも呼ばれるもので、ワイン中のリンゴ酸が分解されて乳酸になることで、酸味がまろやかになります。

クリームパスタはいろいろな具材と合わせられますので、具材別にワインペアリングを考えてみましょう。

フンギ(キノコ)パスタのマリアージュ

身近な食材でも美味しく作れるのがクリーム系パスタの利点ですが、トリュフやポルチーニ等のフンギ(キノコ)を使った贅沢なクリーム系パスタは香りが高く絶品、贅沢系ワインとの相性が高まります。ふくよかなシャンパーニュや熟成したブルゴーニュの白ワインに負けません。熟成したワインの複雑な味わいが、食材の香りや旨みと同調して、至福のマリアージュとなるでしょう。

フランス

シャンパーニュのオーガニックワイン

シャンパーニュ(3年熟成)発泡

オヴィレ村・ドンペリニヨンの修道院南斜面の一等地畑から生まれた極上のシャンパーニュ。3年以上カーヴで熟成し、ふくよかな味わいです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル) 白

白桃、熟した洋梨、アカシア、スイカズラ、さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味を支える繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

チーズ、卵、ベーコンパスタのワインマリアージュ

生クリーム主体のソースにさらにチーズや卵が加わった、濃厚なこってりクリーム系パスタには、コクのある白ワインだけでなく、樽で熟成させた果実味の強い赤ワインもペアリングできます。カルボナーラであれば、ベーコンの風味や、ブラックペッパーのスパイシーさが赤ワインと同調します。ゴルゴンゾーラソースであれば、塩味の強さや全体のボリューム感を赤ワインが受け止めてくれるイメージです。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ(樽熟) 白

シャルドネを樽発酵、樽熟成で仕上げた「上質なブルゴーニュ」を彷彿とさせるコストパーフォーマンス抜群のオーガニック白ワインです。

イタリア

マルケのオーガニックワイン

ポレジオ 赤

柔らかな果実味をエレガントな酸味が支え、飲み応えがありながらもスムーズにグラスが進む綺麗なバランスを持つ1本。

クリーム系パスタの中にも、色々なマリアージュがあります。ぜひお好みの組合せを探してみてください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報