パスタ(クリーム系)とワインのマリアージュ

イタリア料理を代表するパスタ、いまや日本人の食卓にも欠かせない存在です。
古くからイタリアでは食事にワインはつきもので、共に広まってきた歴史があり、当然パスタとワインの相性も抜群。

食材とソースの組合せで幾通りのものメニューがあるので、合わせるワインはソースのタイプによって考えるのが近道です。

では「クリーム系パスタ」にはどんなワインが合うでしょう。

まず、きのこやサーモン、ほうれん草やブロッコリー等を使った王道のクリーム系パスタには、ソースのクリーミーさに同調する、乳酸発酵や木樽熟成したふくよかなコクのある白ワインが合います。

身近な食材で作れるのがクリーム系パスタの利点ですが、トリュフやポルチーニ等を使った贅沢なクリーム系パスタも人気です。その場合はふくよかなシャンパーニュや熟成した白ワインを是非。熟成したワインの複雑な味わいが、食材の香りや旨みと同調して、至福のマリアージュとなるでしょう。

最後は、ゴルゴンゾーラペンネやカルボナーラ等の、ソースにチーズや卵が加わり、とても濃厚なこってりクリーム系パスタ。この場合もコクのある白ワインが合いますが、旨みのある、重すぎない赤ワインも合います。全体のボリューム感を赤ワインが受け止めてくれるイメージです。ベーコンを使ったり、ブラックペッパーをかければ、スパイシーな赤ワインとも同調するでしょう。

クリーム系パスタの中にも、色々なマリアージュがあります。ぜひお好みの組合せを探してみてください。

パスタ(クリーム系)におすすめワイン

スパークリングワイン

赤ワイン

白ワイン