ワイン会を楽しくする簡単なおつまみ
チョリソーは強いワインによくあうおつまみ
オイルサーディンを並べるだけで美味しいワインのおつまみに
ピザはワインにぴったりのおつまみ
ワインのおつまみにもやきとり
スイカを切ればカヴァにぴったりなおつまみ

ワインのおつまみ特集

お気に入りに登録するボタン

ワインは飲みたいけど手間のかかる料理はしたくない時、サクッと飲みたい時にぴったりな簡単にできる、おすすめのおつまみを集めました。

ワインを料理に寄り添う食中酒として楽しむというよりも、ワイングラスをより進ませてくれる「酒の肴」という感覚で、持ち寄りワイン会や急な来客の時でもすぐに支度ができるものばかりです。

和気あいあいと会話を楽しみながら、ワイン談議を弾ませてみてはいかがでしょうか。


  • シャルキュトリとワインのマリアージュシャルキュトリとワインのマリアージュ
    シャルキュトリとは ハムやパテ、サラミなど、フランスでは肉の加工品全般をシャルキュトリ (charcuterie) と呼び、フランス人の食卓には欠かせないものです。もちろんワインとの相性は抜群によく、日本人ならこれだけで
  • きんぴらごぼうとワインのマリアージュきんぴらごぼうとワインのマリアージュ
    ごぼうを胡麻油で炒め、醤油やみりんで味付けをした定番の家庭料理きんぴらごぼう。レンコンや人参を加えたり、切り方や盛り付けを工夫すれば、手軽で食べ応えもある、美味しいワインのおつまみになります。 きんぴらの語源は、江戸時代
  • エスカベッシュ(南蛮漬け)とワインのマリアージュエスカベッシュ(南蛮漬け)とワインのマリアージュ
    エスカベッシュとは エスカベッシュは、地中海料理のひとつで、揚げ焼きした魚介をオリーブオイル、ビネガー、香辛料を効かせた漬け汁に浸していただく前菜です。スペインやポルトガルの海岸のバルでは、ワインのおつまみとして必ず並ん
  • 白和えとワインのマリアージュ白和えとワインのマリアージュ
    白和えとは 水切りして裏ごしした豆腐を、醤油やみりん砂糖等で調味し、野菜などを和えたお惣菜、白和え。白胡麻や白味噌を混ぜることもあります。優しい味わいのお豆腐の衣が具材の味を引き立ててくれるだけではなく、数種の具材が折り
  • アヒージョとワインのマリアージュアヒージョとワインのマリアージュ
    スペイン小皿料理タパスの代表格、アヒージョ。スペイン語で「小さなニンニク」の意味で、魚介類やきのこ等をオリーブオイルとニンニクで煮込む料理です。海と山に囲まれているスペインは、新鮮な食材が豊富で、アヒージョも食材の美味し
  • やきとりとワインのマリアージュやきとりとワインのマリアージュ
    やきとりは日本の伝統的ファストフード やきとりと言うと、「仕事帰りのサラリーマンが、職場最寄りの駅近のやきとり屋で一杯」とか「部活帰りの高校生が百円玉を握りしめて、屋台で買い食い」というイメージがある、日本の伝統的ファス
  • ハードチーズ(コンテ、チェダー、パルミジャーノ レッジャーノ、ケソ マンチェゴ 等)とワインのマリアージュハードチーズ(コンテ、チェダー、パルミジャーノ レッジャーノ、ケソ マンチェゴ 等)とワインのマリアージュ
    コンテ、チェダー、パルミジャーノ レッジャーノ、ケソ マンチェゴ。そのまま噛み締めてもお料理に使っても美味しいハードチーズは、スパークリング赤ワインとの相性が抜群です。 ハードチーズとは ハードチーズとは、型に入れた後に
  • オイルサーディンとワインのマリアージュオイルサーディンとワインのマリアージュ
    オイルサーディンとは サーディンは小さなイワシ(いわし)のことです。塩漬けにした後にオイルで煮込んだものがオイルサーディン。保存食として世界中で食べられていて、ご家庭でも作れますが、手軽な缶詰が多く流通しています。シンプ
  • ピザ(トマトソース系)とワインのマリアージュピザ(トマトソース系)とワインのマリアージュ
    イタリアのナポリが発祥と言われるピザ。ピッツァと書くとよりイタリア語に近くなりますが、アメリカに渡って世界中に広がり、日本でもすっかりお馴染みの料理。窯で焼く本格的な味わいはもちろん、市販の生地を使ったり、ご家庭にある材
  • ピザ(トマトソース以外)とワインのマリアージュピザ(トマトソース以外)とワインのマリアージュ
    ピザ?ピッツァ? イタリア・ナポリが発祥と言われるピザ。ピッツァと書くとよりイタリア語に近くなりますが、アメリカに渡って世界中に広がり、日本でもすっかりお馴染みの料理。窯で焼く本格的な味わいはもちろん、市販の生地を使った
お気に入りに登録するボタン

関連記事

  1. しゃぶしゃぶ

    鍋ものに合うワイン特集