季節の移ろいと大人の赤ワイン

軒下の風鈴を片付けようと窓を開けたら、季節外れの残暑の匂いが名残惜しそうに漂ってきました。
近頃は、季節を感じることも自己責任のような気がします。

とはいえ、暦の上での季語は秋。

不知火、秋桜、十六夜、、、「葡萄酒醸す」なんていう秋の季語もあるそうです。
最近は俳句や短歌の様式も自由なので、ワインを題材にした短歌もちらほら。
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを詠み込んだ俵万智さんの短歌は、ワインの特性を活かした情感たっぷりの歌なので、気になった方はぜひ検索してみてくださいね。

マヴィの店内にも、短歌の主人公になりそうな個性的なワインが数多く並んでいます。
中でも、ブーリエ家のワインは、源氏物語の和歌で詠まれた女性たちのように多種多様。

個人的解釈では—

▼美しく懐の深い“紫の上”は「アンフィニモン(無限)赤」

赤ワイン

ルーションのオーガニックワイン

アンフィニモン「無限」 赤

複雑で吸い込まれそうなほど奥深い香り、濃密な味わい。余韻も非常に長く、あらゆる点で突出する逸品。

▼世話好きで穏やかな“花散里”は「アルモニ(調和)赤」

赤ワイン

ルーションのオーガニックワイン

アルモニ「調和」 赤

様々なスパイスにプルーンや煮詰めたブラックチェリーのような深い果実味。濃密で複雑性に富む力強い赤。

▼知的で芯が強い“藤壺”は「シャトードルー赤」

赤ワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー 赤

ゴーミヨー誌で「ラングドックルーションの新星」として取り上げられたセブリーヌの作品。力強さとしなやかさを合わせもつオーガニックワイン。

▼儚げでミステリアスな“夕顔”は「ディヴィンヌプルポルシオン赤(黄金比率)」

赤ワイン

ルーションのオーガニックワイン

ディヴィンヌ プロポルシオン「黄金比率」 赤

カリニャン8:カベルネ ソーヴィニョン5の「黄金比」で絶妙に混醸されたワイン。

と言った感じでしょうか?
秋の夜長、遥か昔の物語を思い浮かべながらワインを楽しむのも乙ですね。

風鈴の音がやんだら、鈴虫の音色が聞こえてきました。
季節を感じている自分に安堵して、辛口白ワインから、軽めの赤ワインにそろそろ切り替えようかと思います。

店内でも、ボジョレーヌーヴォーのご予約を承っております。
ぜひ、秋を探しにマヴィ赤坂店へご来店くださいませ!

(スタッフ A.N)

関連記事

  1. マヴィオリジナルワイン到着しました
  2. 2020年赤坂店人気ランキング
  3. 夏の素材を堪能!和食と超絶合うブルゴーニュ白ワイン☆
  4. 一年に一度のお楽しみ!赤坂店限定福袋、販売スタート
  5. 赤坂店16周年ひっそりスタート(2/14☆情報更新しました)
  6. 満月の週はビオディナミワイン(10/27~11/1)
  7. カレーとワインの気軽なマリアージュ…その2
  8. スープとワイン、手軽なマリアージュ体験

赤坂店公式Twitter

PAGE TOP