1. HOME
  2. モレッティ家(イタリア)

モレッティ家(イタリア)

PODERE CASACCIA
生産農家:モレッティ家
生産ぶどう品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、プニテッロ、マルヴァジャネーラ、マルヴァジャビアンカ、トレッビアーノ、ヴェルメンティーノ
オーガニック認証:ICEA

ポデーレ カサッシアはトスカーナ州フィレンツェ近郊のスカンディッチにあります。冬期の気温はごくたまに0℃を下回ることもありますが、0~-10℃くらいで、夏期は20~35℃くらいです。
土壌は粘土質40%、ローム層35%、砂利25%で、畑の標高は80~160mです。

モレッティ家は代々兼業農家として農業に携わってきました。ロベルトは父親が目指していたマネジメントに満足できなくなり、2003年に自分なりの耕作をはじめ、2005年から妻のルシアとふたりでワイン造りをはじめました。それと同時にビオディナミ農法に関する情報を他の生産者から聞いて興味を持ち始め、自分なりにその理論を実践してみました。当初はオーガニック農業とビオディナミ農法は違うものと考えていたため、オーガニック認証を取ることを考えていませんでした。しかし、ビオディナミ農法を続けていくためにはオーガニックのベースは必須であることを認識し、2009年に認証を取得しました。

これ以上地球を汚染しないこと、健康的で美味しい食事をすること(彼らの食事はほぼ自給自足です)、そして後世によりよい世界を残したいと思っています。彼が目指すワインは本来のオーガニックワイン(2012年のEU規定制定後にあふれ出した「工業製のオーガニックワイン」ではなく)。ナチュラルで品質が高く、健康的でテロワールを表現し、地元のぶどうで造られた、他のどのワインも持たない特別な性質を持ったワインです。

そのために数年前からトスカーナ州の土着品種のみを使ったワイン造りをしています。収穫は全量手摘みで、ほとんどの場合、品種ごとに分けて醸造します。無濾過、無清澄で、数年前より二酸化硫黄の使用もやめました。
*ロベルトは週に3日はスカンディッチの町で医者として働き、残りの4日は農家として働いています。
47歳からダブルワークをしており、常に動いていて、時間がある時はNYの展示会などにも出向いたりと、バイタリティーに溢れる方です。

モレッティ家のワインはこちら

買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。