1. HOME
  2. ラミレス家(スペイン)

ラミレス家(スペイン)

Las Cepas
生産農家:ラミレス家
生産ぶどう品種:グラシアーノ、グルナッシュ、テンプラニーリョ、ヴィウラ、ヴェルデホ
オーガニック認証:ENEEK

ラス セパスはスペインの銘醸地として名高いリオハのアルデアヌエヴァ デ エブロにあります。気候は地中海性気候で、雨量がとても少ない上に様々な気候条件のおかげで、オーガニックぶどうを栽培するのに申し分ない可能性を持っている大地です。土壌は地中深くが石灰質で砂利や大量の小石でできている地層になっています。ラミレス家は何世代にも渡ってぶどう栽培に従事してきました。それまでは大規模なワインメーカーにぶどうを販売するだけでしたが、2003年から自分達自身でワインを造り販売していこうと決心しました。兄のサンチアゴが畑仕事を、弟のアルベルトが醸造を主に担当しています。

ラミレス兄弟は1995年に慣行農業からオーガニック農業へ転換し、2003年にオーガニック認証を取得しました。質の高いワインは自然でなくてはならないと信じています。
生物多様性を維持するためにも、多くの生物そして大地を損なうことなく、大切にしなくてはならないと感じています。畑では畝の雑草を生やしたままにしています。周辺もまた畑の中も多様な生物にあふれる自然環境の中に共存し、そのことによって、害虫や菌から自然にぶどうを守ることにもつながっています。

彼らの造る赤ワインに、シンコ デナリオス(5枚のデナリオス銀貨)という名前のものがあります。
この名前は、ある日このワインの原料になるぶどう畑の中で5枚の硬貨を見つけたことに由来します。畑から出てきた硬貨をきれいに洗うと、それは2000年以上前に古代ローマ人がリオハ川に辿りついた時のデナリオス銀貨であったことが分かりました。その他にも千夜一夜物語の主人公「シェヘラザード」の名を持つエキゾチックな女性を彷彿とさせる白ワインは樹齢50年を超えるぶどうから造られています。
家族経営のため、非常に限られた量の生産ですが、自分達のワインを懇切丁寧に、そして環境に配慮して大いなる喜びをもって造っています。

ラミレス家のワインはこちら

買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。