1. HOME
  2. ボアザール家(フランス)

ボアザール家(フランス)

Domaine du Mortier
生産農家:ボアザール家
ぶどう品種:カベルネフラン、カベルネソーヴィニヨン
オーガニック認証:エコサート

ドメーヌ ドゥ モルティエはロワール河を中心に広がるロワール渓谷にあります。畑はソミュール近くのトゥールとアンジュの間のサンニコラ ド ブルグイユにあり、土壌は砂質と砂利質、粘土石灰質の3種です。
気候は大西洋の影響を受ける温暖な気候です。農家としての歴史は1989年にファビアンの両親が買った9haの土地を彼が受け継ぎ、1996年よりワイン造りを始めました。彼と兄弟のシリル、いとこのピエール、ピエールの父の総勢4名でドメーヌを営んでいます。

当時の面積は3haでしたが、徐々に拡大して2007年には12haとなりました。1998年にオーガニック認証を取得。自然に対するのではなく、自然と共にという
職業上の哲学からオーガニック栽培をはじめました。彼曰く「私たちは農業の経営者ではなく、農民であり、職人であり、ぶどう栽培者なのです。私たち人間は母なる大地に被害をもたらしました。だからこそ大地を守らなくてはなりません。」彼らはオーガニック農業に取り組むだけでなく、住居を含むドメーヌ全体で環境対策をしています。

グラヴィエ(砂利)サーブル(砂)を比較すると、サーブルは地中に水をためられるため、ぶどうの根がそこまで深くは伸びず、素直な味わいのピュアなワインになります。それに対し、グラヴィエはとても深くまで根が伸びるため、複雑で力強いワインになります。彼らの造るワインの95%はフランス国内で消費されます。ほとんどは展示会やマルシェなどの場所で直接販売されます。

彼らの夢は全ての生物が調和して生きる大地です。
「自然と共に働くこと。お客さんにオーガニック農業や大地を大切にすることへの関心を持ってもらうこと。ワインとぶどうは私たちの情熱であり、毎日新たな発見があります。とても豊かな充足した仕事だと思います。添加物の入っていない、魂を持った、生きている本物のワインを造ることに誇りを持っています。」

ボアザール家のワインはこちら

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択