1. HOME
  2. ブーリエ家(フランス)

ブーリエ家(フランス)

Chateau de l’OU
生産農家:ブーリエ家
生産ぶどう品種:シラー、グルナッシュノワール、カリニャン、ムールヴェ―ドル、カベルネソーヴィニヨン、シャルドネ、グルナッシュ グリ、ルーサンヌ
オーガニック認証:エコサート

シャトー ド ルーはスペイン国境にほど近いフランスのルーション地方にあります。畑がある場所は非常に古くテンプル騎士団員達が農園に沿った、アグイユ ド ラ マールと呼ばれる川を深く掘り起こして作られました。当時使用されていた、たまごの形をした給水場がシャトーの名前の由来です。(カタロニア語でl’OUは卵)

地中海性気候で、冬に霜が降りることはめったになく、夏は暑く乾燥しています。土壌は粘土沖積土です。農業エンジニアだった夫のフィリップとボルドー大学で醸造学を修めた妻のセヴリーヌは1998年にシャトーを購入し、1999年に最初のワインを造りました。購入時からずっとオーガニック栽培です。彼らのこども達に使い道のある土地を残したいと考えたからです。

フィリップは畑担当、セヴリーヌは醸造を担当しています。
セヴリーヌが目指しているワインはしなやかで香りがあるワインです。また、人を喜ばせることをとても大切に考えています。これまで通りのものを望む人のためには、ずっと同じものも造っていくと同時に、新しいものを求める人の期待にも応えるために、新しいワインも造り出しています。

収穫は全量手摘みで、全てのぶどうを収穫するのに約25人で3週間はかかります。醸造は品種ごと、畑ごとに行います。パーフェクトを求めているので、気にいらないものは一切売りません。だから失敗は大嫌いです。
彼女は1991年に南フランスでオーガニックぶどう栽培を広めるために結成されたSUD VIN BIOの発起人で、オーガニックワイン技術の向上のために貢献しています。
<セブリーヌからの皆さまへのメッセージ>
「私たちが造り上げた時と同じくらい、ワインを楽しんでくださいね。」

ブーリエ家のワインはこちら

買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。