1. HOME
  2. ラヴュザン家(フランス)

ラヴュザン家(フランス)

Chateau de MONBAZAN
生産農家:ラヴュザン家
生産ぶどう品種:メルロー、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、セミヨン、ミュスカデル、ソーヴィニヨンブラン
オーガニック認証:エコサート

シャトー ド モンバザンは世界的に高級ワインで有名なボルドーのグラーヴ地方にあります。 気候は大西洋気候で、ランド県の森のお陰で、大西洋から来る風が遮られています。気温はやや高めです。
畑は平らなところにあり、土壌は一部は石が多く、また一部は粘土質、石灰質や砂が多い土質になっています。

ラビュザン家の祖先は1668年からすでにぶどう農家でした。それ以降、何世代にも渡りずっとワイン造りを しています。土にいつまでも残ってしまう化学物質を使わずに、子孫達に美しい地球が残せるようにするため、 1963年にオーガニック農業に転換しました。グラーヴ地区ではパイオニア的存在です。

数年前に先代のポーレットが引退し、現在は息子のピエールとその妻ベアトリスを中心にワイナリーを経営 しています。ベアトリスはなんと、シャンパーニュ地方の生産者ブリアール家の主人ヴァンサンの妹です。

ふたりはポーレットが 守ってきた美しい自然環境を守り、情熱を持って仕事に取り組んでいます。
赤ワイン用ぶどうの平均樹齢は15年、白ワイン用ぶどうの平均樹齢は20年です。 白ワインはフレッシュで、ボルドーらしい特徴が出るようなワイン造りを目指しています。
赤ワインはタンニンの調和が良く、後口はフルーツの感覚が残り、丸く絹のように滑らかなワイン造りを 目指しています。

ラヴュザン家のワインはこちら

買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。