1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. オーガニックな緑の革命
オーガニック情報アーカイブ

オーガニックな緑の革命

先日発表されたRodale Institute(創立60年の研究・啓蒙を行う非営利団体)の研究論文によると、オーガニック農業への最新の科学的取り組みにより、発展途上国における生産性の向上と、栄養分の高い食品を入手しやすくするための方法として、手ごろな価格で、すぐに着手でき、誰でも利用しやすい手法が提案されている。


論文「オーガニックな緑の革命(原題:The Organic Green Revolution)」は文末のURLから閲覧可能。「収穫高のデータだけでも、オーガニック農業へ焦点を合わせた永続的な動きに対して賛成を主張します。」と論文の共著者であり、同研究所のCEOであるTim LaSalle博士は述べている。「私達がまた、オーガニック農業は健全な土壌を構築し、二酸化酸素を固定し、水路をきれいにし、収穫による高い利益を農家にもたらすと見なすとき、「オーガニックな緑の革命」 に関する議論は圧倒的なものとなります。オーガニック農業は土壌を改善するので、干ばつや洪水に対する耐性だけでなく、気候の変化への適応性も増すのです。」とLaSalle博士は付け加えた。
Rodale Institudeの研究論文は57カ国、286カ所の農場からの調査結果である「major 2008 study」を引証しており、オーガニック農業や輪作などの環境が持続可能な手法を使用することで、小規模農家の収穫高が平均79%高まっているというデータも見つかっている、とマーケットウォッチは報告している。
論文「オーガニックな緑の革命」に記載されているデータとその分析によると、米国内全域の農家で見られたことだが、オーガニック農業の実践は、商業的に成功し、大規模農家から家族経営の小規模な農家まで適用可能であることが立証されている。
※論文「オーガニックな緑の革命(The Organic Green Revolution)」
www.rodaleinstitute.org/files/GreenRevUP.pdf
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択