1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. サンフランシスコのオーガニックガーデン
オーガニック情報アーカイブ

サンフランシスコのオーガニックガーデン

ウォールストリートジャーナル紙によると、今年7月にサンフランシスコ市役所の芝生にオーガニックガーデンが造られた。この菜園は1940年代の戦時中の食糧難のプロジェクトにちなんで、ヴィクトリーガーデンと呼ばれている。オープニングセレモニーにはNewsome市長も出席し、その声明において、ヴィクトリーガーデンを支援することで、サンフランシスコ市の方針を強調することができると述べた。


スローフード協会のNaomi Starkman氏によると、ほとんどの人々が自分たちの食べている物がどういうものか、またはどのように育つのかを知らないでいる。人々に食事と地球とのつながりを知らしめるため、スローフード協会は「Slow Food Nation 2008」という3日間にわたる(8月29日〜9月1日)食のイベントを開催した。ヴィクトリーガーデンはそのイベントの中心地で、Slow Food Nationの会期中、来訪者は地元の食材についてより深く学ぶための公開講座にも参加可能。地元のフードバンク(*企業が食品を製造・販売する過程で、商品にならなくなった処分品を収集し、食糧に困窮している人々へ配給する団体)やミールプログラム(*同じく食糧に困窮している人々へ食品を配給するプログラム)の努力のもと、この菜園で収穫されたものは、オーガニック製品の入手が困難な人々に寄付される。Slow Food Nation 2008 はスローフード協会のアメリカ初の一大イベントとなった。
サンフランシスコ市の環境部は、庭や窓辺のプランター、屋根の上や使用されていない土地などを利用し、オーガニック食品を育てようという試験的プロジェクトとともに、地元食材を推進する運動に参加している。このプロジェクトは地元のオーガニック食品団体であるGarden for the Environmentの協力で始まった。州全体の個人的な寄付に加えて、Seed of Changeが種を寄付している。
参照:http://blogs.wsj.com

ボジョレーヌーヴォー2022ご予約受付中

オーガニックワイン アウトレット特別セール

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。