1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. ラトビア、リトアニアのオーガニック事情
オーガニック情報アーカイブ

ラトビア、リトアニアのオーガニック事情

ラトビアやリトアニアといった国を含む、中央・東ヨーロッパ全域では、オーガニックビジネスが急速な勢いで進行しつつある。ソビエト時代の影響もあり、これらの国々では、これまでオーガニックビジネスを学ぶ機会を逃してきたようだ。競争相手である西ヨーロッパの国々と比較すると、ここでは国内市場をはじめ、オーガニック生産に対する需要を満たそうと試行錯誤している段階だ。しかし、可能性はそこにこそあるわけであり、ラトビアとリトアニアの両国政府は実質、それを目にしてきたのである。


ある研究によると、1993年のリトアニアでは、たった148ヘクタールというわずかな面積の土地のみがオーガニック農業にあてられていたことが分かった。2005年末には、その面積は71,000ヘクタールへと拡大する。リトアニアでは「地方発展計画」を実施した結果、昨年末には全農地の5%におよぶ耕作地がオーガニック農業に使用されるに至った。同様に、ラトビアの農業省計画では、全農地の2,3%をオーガニック農地にするという目標が定められている。
参照:freshplaza
http://www.freshplaza.com/news_detail.asp?id=966
Organic-Market.infoより
http://www.organic-market.info/




イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択