1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. 生物分解性のプラスチックが新しいマーケットを乗っ取る
オーガニック情報アーカイブ

生物分解性のプラスチックが新しいマーケットを乗っ取る

イタリアのスーパーマーケットIPERのうち、規模の大きな22店舗で展開されているデリカテッセン(惣菜)の幅広さは圧巻だ。しかしさらに印象的なのは、「全製品について、生分解性もしくは生物を基盤とした包装容器のみを使用する」という取引契約が生物性プラスチックの販売促進業者と交わされたこと。イタリアのオーガニックパスタメーカートップのビオリジンもまた、現在同社自慢の生パスタを、ポリ乳酸から作った部分的に鮮度保持加工された透明な容器とフィルムで包装して販売している。


またコープイタリアとIPERは、とうもろこしを原料とするプラスチックを利用した果物かごに入れたトマトを提供している。
原油価格の上昇が原因で、一般のプラスチックの価格がここ数ヶ月間で30〜80%上昇している一方で、生分解性プラスチック生産者は、一部製品の価格を下げている。ベルリンの国際生分解性ポリマー協会(IBAW)によれば、この新しい生分解性製品は依然、石油から作られる製品よりも高価格だが、その価格のギャップは減少傾向にある。
※詳細はこちらをご覧ください。


イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。