ブリヤール家 – Vincent Bliard
地方:フランス・シャンパーニュ
オーガニック歴:1970年から

ドメーヌの特徴

シャンパーニュの生みの親ドンペリニョンの修道院がある「シャンパーニュのゆりかご」と呼ばれるオヴィレ村で代々続くぶどう農家。修道院を臨む斜面の一等地に畑を持ち、シャンパーニュでは珍しいオーガニックでのぶどう栽培に1970年からいち早く取り組んだパイオニアでもある。
ネゴシアンの大手メゾンが主流のシャンパーニュで、ぶどうの栽培からワインの醸造、瓶詰、販売までを1つの農家が手掛ける「RM(レコルタンマニピュラン)」で丁寧な造りのシャンパーニュが楽しめる。

◎年間生産量
12,000本

ワインの特徴

熟成期間はシャンパーニュの規定である15ヶ月をこえる最低でも3年以上を待ってから出荷される。生き生きとしてかつエレガントで、また花のような軽いアロマと樽の香りが心地よく混ざり合いながら、喉を通った後も素晴らしい余韻を長く残す。

>この生産者のワインはこちら