1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. オランダ:スーパーマーケットでのオーガニック食品不足
オーガニック情報アーカイブ

オランダ:スーパーマーケットでのオーガニック食品不足

オランダでのオーガニック食品の量の増加は、国内の生産が増加しない限り輸入に依存するしかないと、国際小売取引委員会CBLは報告している。とはいうものの、オランダの製品の約60%が、主にデンマーク、ドイツやイギリスに輸出されているのも現状だ。


CBLはオーガニック食品の売上げは今年、前年比の15%、5億3千万ユーロ(約853億3,243万円)まで伸びを見せるだろうと予測している。オーガニック食品は現在、卵、野菜、果物、また特に重要な肉類など、スーパーマーケットでの売上げの約2%を占めている。製品によっては不足が価格をつり上げていると、Dutch News社は報道している。
オーガニック農業はまだオランダ国内の農地全体の2.4%の割合にすぎない。オランダ政府は2010年までに、10%の農地をオーガニックにより耕作し、オーガニック製品についても食品支出全体の5%にするよう努める目標だ。
参照:http://www.dutchnews.nl/
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/



マヴィ創立25周年記念オリジナルワイン

スペインワイン先行発売

オーガニックワイン アウトレット特別セール

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。