オーガニック農作物改善協会(仮訳:Organic Crop Improvement Association,OCIA)は、非営利・会員運営のオーガニック認証機関であり、その会員に最も質の高いオーガニック認証業務を提供することを目的としている。ここではまた、会員が国際的なオーガニック市場への接点を持つための手助けもしており、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアの20カ国以上で、何千ものオーガニック農家、加工製造者、流通者に対して、認証業務を行っている。


「OCIAは世界のオーガニック認証機関のなかでも最も重要な団体の一つであり、認証取得希望者へのサービスを今後さらに向上することに尽力している」と、OCIAのプレス情報には記されている。その確約どおり、OCIAのヨーロッパでの新支社がスペインのアンダルシア地方・セビリヤに設けられた。ここでは、現地での業務と国際的な業務の両方を提供することを目的としている。OCIAは、ヨーロッパで初のNOP(米国ナショナル・オーガニック・プログラム)認証品として、アイルランドの海藻に認証を与えたことをきっかけに、そのビジネスをスタートした。支社長であるEdgardo Koestinger氏は、近々OCIA検査官の教育のために、国際的な検査教育をとりいれる予定である。
OCIAはIFOAM(国際有機農業運動連盟)、USDA(米国農務省・ISO65)、そしてMAG(コスタリカ農務省)によって正式認可を受けた組織であり、NOPとJAS、CAAQ(ケベック農産加工品呼称議会)に対しても認証を行っている。ビオ・スイスとの整合性に加え、EUオーガニック食品認証統一指令(EEC規則第2092/91号)も満たしている。現在、OCIAヨーロッパ新支社の主な活動は、ヨーロッパのオーガニック関連経営者に対して、NOP認証取得を促すことにある。
OCIAのホームページ:
www.ocia.org
Organic-Europeより
http://www.organic-europe.net/