1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. 5年間の成果−EUの食品安全部門
オーガニック情報アーカイブ

5年間の成果−EUの食品安全部門

2000年1月、(EUは)食品安全白書に「農場から食卓まで」という原則を導入し、はじめて食品の流れというものを通して、食の安全に関するあらゆる側面をつないだ。白書において公表した84の率先すべき項目のうち、71は既に完結し、13は現在立法手続き中である。2002年に実施となった欧州食品法は、食品の流れを通じたトレーサビリティへの要求を確立し、食品・飼料生産取扱者に対しては、それぞれの製品に対する責任を生じさせた。また同食品法により、欧州食品安全局(EFSA)も設置された。


◆食品安全部門において達成されたこと◆
 ・セーフガード条項を必要としない拡大
 ・EFSAの設置
 ・食品安全白書
 ・欧州食品法の採用
 ・遺伝子組換生物に関する枠組みの採用
 ・食肉、肉骨粉禁止も含めた動物由来製品に関する法律
 ・食品、飼料検査枠組みの法制化
 ・新食品衛生法一括法案
 ・飼料衛生
 ・アレルギー源となる材料の全表示法制化
 ・食肉、肉製品ラベル表示改正の法制化
 ・成長促進剤として飼料に抗生物質添加禁止
 ・農薬使用に関する新しい枠組み
 ・動物原性感染症に関する新しい法律
 ・個人旅行者による欧州圏内への食品輸入に関する新しい規定
 ・食品、飼料に対するダイオキシン規制に関する法律
 ・口蹄疫に関する新しい法律
 ・豚の福祉に関する法律
 ・ペットとともに旅行する際の新しい規定
 欧州委員会発行:Consumer Voiceより(2004.10.23発行分)

ボジョレーヌーヴォー2022ご予約受付中

オーガニックワイン アウトレット特別セール

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。