1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. 自然保護者としてのオーガニック農家
オーガニック情報アーカイブ

自然保護者としてのオーガニック農家

約1800名にのぼるNaturland(ドイツのオーガニック認証団体)の農家に対し、インタビュー調査が行われた。するとその半数が、生垣や低木を植えたり、きちんと手入れしていると回答している。新しく植える場合には、地元にもともとからある植物が好まれるようだ。また多くの農家が、コウモリや昆虫を守るため、巣づくりをしやすいように、農場に1種類以上の果樹を植えている。
Naturlandの農家はまた、溶解が簡単な鉱物肥料や化学合成農薬を使用しないことで、広範囲にわたる自然や環境保護を達成している。つまり、オーガニック農業は、植物相や動物相を守るものであり、地下水をきれいなまま保つのに、かなり貢献している。多種類の植物の輪作により、植物相と動物相はさらに豊かになる。それゆえ、Naturlandは、オーガニック農家に対し、特別自然保護給付金が付与されることを提唱している。
BioFach Newsletterより



2023年 干支ワイン「卯」(うさぎ)好評発売中 ボジョレーヌーヴォー2022ご予約受付中

おうちワイン応援キャンペーン

オーガニックワイン アウトレット特別セール

マヴィのお歳暮オーガニックワイン2022

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。