1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. 英国:土地面積、家畜、従事者に関するオーガニック統計2011リリース
オーガニック情報アーカイブ

英国:土地面積、家畜、従事者に関するオーガニック統計2011リリース

英国環境・食糧・農村地域省(Defra)によって作成された同国のオーガニック農業セクターの最新統計が、2012年7月5日にリリースされた。2011年のデータ(例えばフランス)が入手可能な多くの国で、オーガニック農地は増加を示しているのに対し、英国のオーガニック農地面積は、減少している。

このリリースでは、2011年に英国におけるオーガニック認証機関に登録された、英国で生産されたオーガニック作物や家畜、及び、オーガニック生産者や加工者について集められた情報を示している。

主な結果: 
◆土地面積

英国のオーガニック農地の総面積は、2010年から2011年の間に、65万6千ヘクタールになっており、9%の減少をしている。

穀物エリアは全体と似た傾向で8%の減少で5万2千ヘクタールに、(ジャガイモを含む)野菜エリアは若干多い減少率で13%マイナスの1万6千ヘクタールとなった。一時的及び永久的な牧草地は、オーガニック農地の大半をしめ、2010年から2011年の間には、一時的な牧草地は7%の減少で11万6千ヘクタールとなり、永久牧草地は9%の減少で43万5千ヘクタールになった。

 

◆家畜頭数

英国のオーガニック家畜に関しては、増減ともにあり、羊と豚はどちらも2010年には増加を示しており、牛と家禽は減少を示している。

羊は18%の増加で116万2千頭になっており、これは、主にかなりの数のウェールズの従事者が完全なオーガニックに切り替えたためである。オーガニック豚の頭数は、11%上昇し、5万3千頭。

オーガニック家禽の数は、2011年に非常に大きく減り27%減の300万羽となった。これは、飼料やエネルギー価格の高騰が生産者を圧迫しているからだ。
英国の肉牛の数は4%下落し、33万5千頭となった。

 

◆生産者/加工者の数

オーガニック生産者/加工者の数は、こちらも5%下落しており、2011年末の時点で、約6900となっている。英国すべての地域で減少しており、スコットランド、ヨークシャー・ハンバー地域は最大の下落率でいずれも8%減少している。

 

さらに詳しい情報はこちらより

 

出典: Organic Statistics 2011 United Kingdom

Organic-Market.infoより

(翻訳:ボランティア 秋山 ゆかりさん (Carrie Akiyama))





買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。