1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. エストニアのオーガニック農業
オーガニック情報アーカイブ

エストニアのオーガニック農業

小冊子「エストニアにおけるオーガニック農業」は、その第4弾が出版されたばかりだ。この国におけるオーガニック農業に関する最新の情報と数値が明らかになっている、とオーガニックワールドは伝える。

この小冊子に寄れば、2011年末までに国の農地面積の14%がオーガニック農業で運営されている。エストニアオーガニック農業アクションプラン2007-2013およびエストニア地方発展計画2007-2013は、この分野の拡大に貢献している。

オーガニック農業アクションプランの1つの主な狙いはオーガニック製品の加工とマーケティングの発展であり、従ってオーガニック食品をもっと広く手軽に入手できるようにしようとしている。

オーガニックのうちは2000年以来、10倍以上に拡大し、オーガニックガイドラインに従って運営されている農地は134,000ヘクタール以上、1431軒のオーガニック生産者が活動している。農場の平均的な大きさは94ヘクタールで、エストニア最大の6つのオーガニック農場は、1000ヘクタール以上の面積を誇る。2011年、オーガニック農業登録者としては、合計で127のオーガニック食品加工業者と流通者があった。オーガニック製品は主に専門店ならびに直売で販売されているが、今では一般的な店でも取り扱いが増えてきた。消費者のオーガニック食品購入に対する関心は大幅に増えている。さらなる情報は、小冊子「エストニアにおけるオーガニック農業2011」でご確認ください。
 

出典:Organic World

Organic-Market.infoより
 





買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。