1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. エストニア:増加し続けるオーガニック生産
オーガニック情報アーカイブ

エストニア:増加し続けるオーガニック生産

エストニアのオーガニック農業はまだ増加する、とERRニュースは伝える。エストニアオーガニック農業協会の創立者であるMerit Mikk氏によると、2010年は13万ヘクタールの土地がオーガニック農業に使用され、1400の生産者がオーガニックガイドラインに則った認証を取得した。


2009年時点では、オーガニックな方法で管理された土地は102,767ヘクタールで、オーガニック認証を取得した農場は1276だった。しかし、エストニアではオーガニック加工品の数は依然として少ない。毎年100から150のオーガニック生産者の増加傾向が予想されている。
オーガニック製品は、エストニアの主要な大型店のオーガニック売り場で販売されている。食料品の価格上昇による影響を受けたものの、オーガニック製品に対する消費者離れはなかった。エストニアの消費者は国産のオーガニック製品を好む。未加工のオーガニックミルクや卵など生鮮食品は、大都市では常に入手可能だ。しかしながら、製品のジャンルによってギャップが大きく、例えば、オーガニックチキンは事実上存在しないといえる状況だ。
出典: ERR News
Organic-Market.Infoより
(翻訳:ボランティア 越川 加奈子さん)





買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。