1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. パキスタン:オーガニック食品に関する全国ガイドライン準備作業開始
オーガニック情報アーカイブ

パキスタン:オーガニック食品に関する全国ガイドライン準備作業開始

パキスタン規格・品質管理協会(PSQCA)は、オーガニック食品の生産・加工・ラベル表示・マーケティングに関する全国ガイドラインの設定に向け、準備作業を開始した。
オーガニック食品の最終基準が、政府の所轄官庁による承認を受けた後、パキスタンで国法として公布される予定である。PSQCAは、コーデックスで制定されているオーガニック食品の生産・加工・ラベル表示・マーケティングに関するガイドラインが助けになると認識している。(CAC/GL-32*)


またこの創設に向けて、官民両部門からの科学者や監視官で構成されたオーガニック食品技術委員会(Organic Foods Technical Committee)が、PSQCAにより設置された。同委員会メンバーには政府省庁からの専門家や、パキスタンにおけるオーガニック食品の生産、加工、マーケティングやラベル表示に関わる企業の代表も含まれる。
ガイドラインの目標は次のとおりである。
・市場における詐欺行為や裏付けのない商品情報から消費者を守る。
・オーガニックであると不当表示された農産物からオーガニック食品生産者を守る。
・生産・準備・貯蔵・輸送・市場取引の全段階が検査対象となり、このガイドラインに従うものとする。
・オーガニック生産品の生産、認証、識別、ラベル表示に関する規定の総合調整を行う。
・輸入に際し、国のシステムとしての同等性認識を容易にするため、オーガニック食品管理システムに国のガイドラインを設ける
・国内のオーガニック農業システムを維持・向上させ、地域また世界の備蓄に貢献する
*オーガニック食品の生産・加工・ラベル表示・マーケティングに関するガイドラインは、1999年コーデックス委員会(または国際食品規格委員会Codex Alimentarius Commission)の第23回総会で採択され、2001年の第24回総会で修正された。その後も2003年の第26回、2004年の第27回総会においても改正されている。
出典:当記事はPSQCAのオーガニック食品技術委員会メンバーであるハミッド・アハマッド氏より得られたものである。
連絡先
オーガニック食品技術委員会(the Organic Foods Technical Committee)
ハミッド・アハマッド(Hamid Ahmad)
jqureshi@brain.net.pk
出典:Organic World
(翻訳:ボランティア 西野 実加さん)





買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。