1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. 米国:コロラド州はオーガニック商品市場の中心的存在
オーガニック情報アーカイブ

米国:コロラド州はオーガニック商品市場の中心的存在

コロラド州には200以上のオーガニック農家があり、オーガニックや持続可能な商品のために設立された企業の数がますます増えつつある。ベスト・オーガニックによれば、コロラド州はオーガニック商品産業の中心地として新興しつつある。


通商グループのナチュラリー・ボルダーによれば、コロラド企業のオーガニック商品の売り上げは25億USドル(約2,043億円)以上に上ると推定されており、オーガニック通商協会の試算では2009年の総売上高が250億USドル(2兆430億円)近くに上ったため、全米のオーガニック商品総売上高のおよそ10%に値することになる。
ナチュラリー・ボルダーは2009年にボルダー市によって設立された公共と民間の提携事業あり、その目的はネットワーキング、資源、教育とビジネス面での指導を通して、ナチュラル/オーガニック商品を取り扱うために起業した会社が成長し、利益を生み、雇用を生み出せるように手助けすることである。200以上の企業会員を抱えるこの組織は、若い企業と熟練したオーガニック産業アドバイザーを結びつけることを専門としている。
また、コロラド州は自然商品の小売り形態の進化において極めて重要な役割を果たしてきた。ボルダーに本拠地を置くチェーン、アルファルファ・マーケットやワイルド・オーツ・マーケットなどの初期の先駆者たちが、今日あるフルサービスの自然食品店への道を開いてきたのである。健康食品の草分けであるマーガレット・アイセリー女史は、1950年代にコロラド州レイクウッド市でビタミン・コテージを創設したが、同社は現在、ナチュラル・グロッサーズという名の家族経営のチェーン店として、コロラド州、テキサス州、アメリカ南西部に30店舗以上を構えている。ワイルド・オーツの創設者であるマイク・ギリランドが設立したサンフラワー・ファーマーズマーケットは、ボルダーに本拠地を構え、南西部の主要な自然食品小売りチェーンとして台頭している。また、ボルダー居住の熟練した小売商たちは、自然調剤の概念をユニークに混合したファーマカ総合薬局を創設、5州にわたり23店舗を展開している。ホールフーズ・マーケットのロッキー山脈地区の本部もボルダー市内にある。
さらに、コロラド州はオーガニックが成長するための好条件を備えている。2010年2月に発表された、米国農務省によるオーガニック商品の初の国勢調査によれば、2008年のコロラド州の220軒のオーガニック農場の直接販売売上高は7千万USドル(約57億2278万円)以上にも上り、ファーマーズマーケットや地域支援型農業(CSA)の劇的な増加が見られた。ベスト・オーガニック社の最高経営責任者であるレイン・デ・ヤルス氏は、「カリフォルニア州に次いで、コロラド州がオーガニック農業とオーガニック消費財におけるリーダーとして台頭してきている。」と言う。ベスト・オーガニック社はボルダー市内に本拠地を置く企業で、地元、地域、また全国有数のオーガニック・ブランドの詰め合わせギフトセットを販売している会社だ。「オーガニックや環境に配慮した商品のギフト専門会社として、私たちは『ブランドの大使』の勤めを果たしているのだ。」とヤルス氏は言う。最近では、ベスト・オーガニック社は、オーガニックぶどうから醸造したカリフォルニア・ワイン販売の全米ナンバーワンである、ボンテッラワイナリーとの販促提携を結んだ。ボンテッラ社は高級オーガニックワインを全品揃えて提供している。ベストオーガニック社のギフトセット・コレクションは以下のウェブサイトでオンライン販売されている。
www.bouldersbestorganics.com
www.coloradosbestorganics.com
Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 大畑 恵里さん)



オンライン講座

田村安のオーガニックワイン講座


「オーガニックワインとは?」を詳しく解説するオーガニックワイン入門講座と、ヨーロッパのオーガニックワイン生産地を旅するように、歴史や背景、自然派ワインとの違い、オーガニックワインの現状やおいしいオーガニックワインの楽しみ方など解説する講座産地編をオンライン開催しています。


参加費:¥500 詳細はこちらから

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択