1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. オーストラリア:オーストラリアのオーガニックコスメの輸出機会
オーガニック情報アーカイブ

オーストラリア:オーストラリアのオーガニックコスメの輸出機会

優れたオーガニックに“BUD”のロゴの使用を許可する ACO(オーストラリア認証オーガニック)は、日本で名の通ったオーガニックコスメ認証団体と、象徴的かつ特別な合意に達した。これにより、オーストラリアのオーガニックコスメの貿易機会は増えると思われる。


ACOの常務Akiko Nicholls氏は、JOCO(日本オーガニックコスメティック協会)との合意により、ACO認証コスメメーカーが日本市場に進出するための優位性を整えたと語った。。
彼女は、「JOCOはACO認証を対等の仕組みとして認めることとなった。つまり、これによってACO“BUD”ロゴを持つ製品は、日本への輸出において、追加の査定や特別な認証なしで、JOCOのロゴを記載することもできる。このことは、輸出の手順をかなり単純にし、多くのオーストラリア化粧品への価格に付加価値を与える機会を提供することにつながる」と述べた。
現在日本は、オーガニックコスメに対して政府が規定する基準を持ち合わせていないため、JOCOは、オーガニックコスメに対して安心で安全な指針を与えるための基準を設定した。
JOCO基準に従う全ての化粧品は、団体認可のシールを貼っている。JOCOの会長山崎泉氏は、JOCOはオーガニック志向の消費者が確実に守られることに注力しなくてはならない、と語っている。
彼女は、「日本では、オーガニックコスメに対する政府の基準や規格が確立されていない。これが、日本の消費者が、オーガニックをうたっていながらも規格基準を満たしていない多くの“オーガニック”製品がある中で、本物のオーガニック製品を見極める際に混乱を招いてきた。最も重要な点は、日本で使われている他のオーガニックコスメ認証とJOCOの違いで、我々の認証はオーガニックフードに対する日本政府の基準(JAS:日本農業規格)に基づいて確立されたということだ」と語った。
Akiko氏は、この合意は、日本のオーガニックコスメ市場拡大と同時に、日本がオーストラリアのオーガニックコスメメーカーとの継続的かつ簡易な貿易をする機会を提供するだろうと言う。
「JOCOは、ACOのコスメ基準は世界で最も厳しい基準のひとつで、JOCOの厳しい要求と期待を完璧に満たすものだと確信している。それは、とても喜ばしいニュースでACO認証コスメの運用にとって大きな機会となる。世界中、いかなる他の認証団体も、JOCOとの提携を成し遂げてはいなかった」と語った。
Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 殿村江美さん)

ボジョレーヌーヴォー2022ご予約受付中

オーガニックワイン アウトレット特別セール

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。