1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. Organic Exchange (OE):世界的なオーガニックコットン市場は35% 増加
オーガニック情報アーカイブ

Organic Exchange (OE):世界的なオーガニックコットン市場は35% 増加

2009年、オーガニックコットン産業は活発な一年であった。オーガニックコットン衣料品とホームテキスタイル製品の世界的な売り上げは、推定43億ドル(約3927億円)に達した。Organic Exchange (OE)の2009年度オーガニックコットン市場レポートによると、2008年の32億ドル(約2922億円)の市場よりも35%`増加に相当する。


2001年から2009年まで、オーガニックコットン市場の年平均成長率は40%であったが、このレポートは若干の変化を示している。しかし、世界全体の衣料品とホームテキスタイル市場が2008年より約7% 減少している中、オーガニックコットン市場は、相当な増加がみられたことが報告されている。
企業はオーガニックコットンプログラムの著しい増加を報告し、オーガニック製品のトレーサビリティと持続可能な繊維加工に取り組む基準を導入することが増えた。
OE調査とインタビューの結果によると、2009年度、オーガニックコットンの使用メーカーおよび小売業の世界的なトップ12社は、C&A(ペルギー)、ナイキ (アメリカ合衆国)、ウォルマート(アメリカ合衆国)、ウイリアムズソノマ( アメリカ合衆国、昨年はポッタリーバーン ) 、H&M (スウェーデン)、Anvil Knitwear (アメリカ合衆国)、コープ生協スイス、Greensource Organic Clothing Co . (アメリカ合衆国)、リーバイ・ストラウス( アメリカ合衆国) 、 アディダス(ドイツ)、ノードストローム(アメリカ合衆国) であった。
Organic Exchangeシニアディレクターでレポートの共著者であるLaRhea Pepper氏は、「多くの人たちは景気後退がオーガニックの終わりを意味すると考えていたが、オーガニックコットン市場はまったく逆方向に反応した。消費者がオーガニックコットンと他の持続可能な繊維の使用を支持し続けたからだ。メーカー各社と小売業は、困難な状況でもあきらめることなく、それどころか自社の製造ラインをよりいっそう持続可能にするために更なる努力を続けた。」と述べている。Organic Exchangeは、2010年と2011年の両方において、世界的なオーガニックコットン市場は20%から40%まで増加することを予測している。
Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 水野明子さん)



オーガニックワイン アウトレット特別セール

アーカイブ一覧

月を選択

公式Facebook

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。