1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. 世界に広まるオーガニック農業
オーガニック情報アーカイブ

世界に広まるオーガニック農業

2007年、世界のオーガニック農家は3,220万ヘクタールの農地を耕作した。これは前年より約5%、また2000年からは118%の増加を示している。オーガニック農業は141ヶ国に広まっており、これら土地の3分の2は工業国に存在し、またおよそ半分の生産者がアフリカに集中している。


しかしながら、World Watch Instituteの報道によると、この3倍以上の土地が遺伝子操作された作物にあてられており、オーガニックで耕されている土地は世界の農地の1%未満にすぎない。オーガニック農地の3分の1以上(1,210万ヘクタール)はオセアニアが占めている。ヨーロッパでは、オーガニック農地面積は780万ヘクタールで、その40%をイタリア、スペイン、ドイツの3カ国が占めている。スペイン、ポーランド、英国は、2006年から大きな成長を見せており、また東欧や南東欧でもその伸びは特筆に値する。消費者の需要はオーガニック転換よりも早いスピードで増加しており、結果、輸入への依存はさらに高まっている。
消費者の需要は、2007年、全世界で460億米ドル(約4兆3152億6000万円)のオーガニック食品と飲料の売上をもたらした。平均年間成長率は50億米ドル(約4737億円)である。この売上げの54%がEUで占められている。またいくつかの国では、オーガニック製品が食品売上の4〜6%を構成している。Kraft や General Mills、Heinz やケロッグなど、大手企業が多くのオーガニック製品ブランドを所有しており、いくつかの企業では自社の人気商品のオーガニック版も生産し始めている。2008年、米国のスーパーマーケットのプライベートブランド売上の30%が、オーガニック製品の売上で占められていた。その理由のひとつには、大手の流通業者の全売上のおよそ3分の1がオーガニック食品・飲料であることによる。市場アナリストたちは高度に加工されたオーガニック食品の数、一般のマスマーケットの食品供給チェーンに占めるオーガニック食品の割合、地元よりもむしろ世界規模での供給、また国際的に取引されているオーガニック製品の量から、成長傾向を見出している。このオーガニックトレンド速報の完全版は、Worldwatchの新購読サービスVital Signs OnlineのひとつのExcelスプレッドシートと、カスタマイズできるチャートで閲覧可能である。この購読サービスは2009年秋に立ち上げられる。
参照:http://www.worldwatch.org/
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/



オンライン講座

田村安のオーガニックワイン講座


「オーガニックワインとは?」を詳しく解説するオーガニックワイン入門講座と、ヨーロッパのオーガニックワイン生産地を旅するように、歴史や背景、自然派ワインとの違い、オーガニックワインの現状やおいしいオーガニックワインの楽しみ方など解説する講座産地編をオンライン開催しています。


参加費:¥500 詳細はこちらから

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択