1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. スペイン:オーガニック柑橘類の栽培
オーガニック情報アーカイブ

スペイン:オーガニック柑橘類の栽培

アンダルシアでは、2000ヘクタール以上もの土地でオーガニックの柑橘類が育てられていることが、Citricos de Espanaの報告により分かった。バレンシア、ムルシア、バレアレス諸島、カナリア諸島、カタロニアはともに、スペインにおける柑橘類栽培の主要地域である。


スペインにおけるオーガニックの柑橘類の生産部門は、着実に成長を続けている。国全体では、柑橘類の栽培面積は3000ヘクタールであった。昨年、オーガニック柑橘類の中の主役であるオレンジの部門で、スペインはイタリア、ギリシャに次いで世界第三位の座についた。しかしながら、CAAE(アンダルシアオーガニック農業委員会)によると、スペインのオーガニック柑橘類栽培面積は、イタリアとは、比べものにならないほど狭いという。
スペイン産のオーガニック柑橘類果実の流通・販売に携わる企業の多くは、スペイン国内ではそれらの製品に十分な需要がないため、国際市場で活動をしている。スペイン国内で、オーガニック柑橘類の加工産業の発展が見込めるのは、菓子製造業、香水産業、化粧品産業へ参入することだろう。
アンダルシアは、6000人以上ものオーガニック農業従事者がおり、全農地の10%以上に相当する60万ヘクタールの土地がオーガニック農地として使用されている。スペインはヨーロッパのオーガニック食料庫(パントリー)にもかかわらず、その国民はオーガニック食品の消費者ではないためにその事実を知らない、とCAAE代表、Alvaro Barrero氏は述べた。
参照:http://www.ecoticias.com
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/

ボジョレーヌーヴォー2022ご予約受付中

オーガニックワイン アウトレット特別セール

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。