1. HOME
  2. オーガニック情報アーカイブ
  3. ECOPHYTO 2018 : フランス農薬使用半減プロジェクト
オーガニック情報アーカイブ

ECOPHYTO 2018 : フランス農薬使用半減プロジェクト

Grenelle de l’environnement(*環境グルネル会議:2007年9月に当時の環境相ジュペ氏が提案し開催された環境と持続可能な開発についての政治会議)の終わりに、フランスは今後10年のうちに農薬の使用を半分に削減すること、そして市場に出回っているもっとも危険な物質を徐々に撤廃していくことを決定した。ミシェル・バルニエ農業大臣は行動計画を打ち立て、2008年9月10日の閣議で発表した。


農薬使用の削減は、農業実践をずっと存続するのに不可欠な要素のひとつである。植物の病害対策薬の導入によって誘発される危険に最初にさらされる農業者たちとともに、Grenelle de l’environnementは、病害対策薬の使用削減に向け、野心的な政策の必要性についての合意を明らかにした。
全てはフランス農業の競争力を尊重するためである。Grenelle de l’environnementの結論への答弁にあたっての、共和国大統領の結論に従い、ミシェル・バルニエ氏は行動計画を打ち立て、閣議の際に発表した。
計画の主な目標は以下の通り、
・もっとも危険な物質53を段階的に撤廃していく。うち、30の物質は計画発表時の9月10日から2008年の終わりまでに撤廃する。
・今後10年以内に、可能な範囲内で、農薬の使用を現在の50%まで削減すること。
より詳しくはECOPHYTO 2018計画を参照のこと(仏語):
http://agriculture.gouv.fr/sections/magazine/focus/phyto-2018-plan-pour/#planECOPHYTO2018



2023年 干支ワイン「卯」(うさぎ)好評発売中 ボジョレーヌーヴォー2022ご予約受付中

おうちワイン応援キャンペーン

オーガニックワイン アウトレット特別セール

マヴィのお歳暮オーガニックワイン2022

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。