フランス国内の水について、農業が原因となって広がる公害の影響は、水に含まれる硝酸塩の分量となって表れている。28の県において、飲料水としての基準ギリギリ、もしくは基準を超えているという結果が出た。全使用量のうち、農業が90%を占める殺虫剤について言えば、地表水の75%を、地下水の50%を汚染している。

(さらに…)